【世界初】ドローンを活用してピンポイントで農薬散布!残留農薬も不検出、オプティムのスマート農業

株式会社オプティムはスマート農業の取り組みのひとつとして、ドローンを大豆の生育管理に活用し、病害虫が検知された箇所のみにドローンがピンポイントで農薬散布する試みを実施した。同社によれば、大豆の生育管理にドローンを用いて、病害虫が検出された箇所にのみピンポイントで農薬散布を行うシステムは世界初という。全体に農薬を散布する通常栽培と比較すると、使用する農薬の量は1/10以下に削減、農家側の生産コストを抑えた栽培に成功したとしている。
さらに、このピンポイント農薬散布で栽培された大豆の残留農薬を第三者調査機関によって検査した結果、残留している農薬が「不検出相当」であるとの結果がでた。
この方法で収穫された大豆はスマートやさいの「スマートえだまめ」と命名され、福岡三越にて通常のえだまめの約3倍の価格で販売されたが完売となった。



スマート農業とは

スマート農業とはAI・IoT・ロボットなどの最先端技術を農業へ活用し、農作業の負担軽減や、農作物の収量、品質の向上などを目指す、新たな農業のこと。
次の動画はその一例だ。

【動画】スマート農業でつくられた「スマートやさい」




ピンポイント農薬散布栽培実証実験について

農業生産法人 株式会社イケマコ(佐賀県佐賀市)が管理する88エーカーの大豆畑を2分割し、一方は通常の育て方を実施、もう一方は「OPTiM スマート農業ソリューション」を活用した、ドローンを用いたピンポイント農薬散布栽培を実施し、残留農薬量、収量、品質、労力・農薬コスト削減効果の実証実験を行った。

実証実験イメージ:実験概要

実証実験イメージ:農薬散布



残留農薬検査詳細

以下の検査機関および検査方法にて残留農薬の検査を行った結果、ピンポイント農薬栽培にて育てられた大豆は、残留農薬が「不検出」であるという検査結果となった。

検査機関 株式会社ブルーム(佐賀県登録 環境計量証明事業者)
検査監修 佐賀大学農学部 渡邉 啓一 教授
検査方法 ・対象となる各大豆畑(通常栽培、ピンポイント農薬栽培)の5カ所から株を採取(合計10株。両大豆畑の境目を避けて採取)
・各圃場の5株を1検体として(合計2検体)、5農薬について検査
・ガスクロマトグラフ質量分析(混合物を高感度で分離分析する分析手法)にて測定
※通常栽培基準値は、公益財団法人 日本食品化学研究振興財団が定めた基準値とする



【検査結果詳細(単位ppm)】

農薬名:エトフェンプロックス
通常栽培基準値:3
ピンポイント農薬散布栽培:不検出(0.01以下)

農薬名:クロラントラニリプロール
通常栽培基準値:1
ピンポイント農薬散布栽培:不検出(0.01以下)

農薬名:テフルベンズロン
通常栽培基準値:1
ピンポイント農薬散布栽培:不検出(0.01以下)

農薬名:ジノテフラン
通常栽培基準値:2
ピンポイント農薬散布栽培:不検出(0.01以下)

農薬名:キザロホップエチル
通常栽培基準値:0.3
ピンポイント農薬散布栽培:不検出(0.01以下)




成果と今後の展開

今回、ピンポイント農薬散布栽培にて栽培された大豆はスマートやさいの「スマートえだまめ」と命名され、福岡県福岡市にある百貨店の福岡三越にて通常大豆(えだまめ)の約3倍の価格で販売されたうえ、好評のうち完売した。

実の付き方や味は以前と変わらず、より安全・安心で美味しい黒大豆となった

同社は今後はピンポイント農薬散布栽培に賛同してくれる農家を幅広く募集していき、安心安全な農作物を皆様に届けられるよう推進していくと述べている。

関連サイト
株式会社オプティム

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。