Facebookが音声アシスタント「Aloha」をMessengerでテスト中?「Instagram」にも音声機能追加か

2018年8月21日、Facebook Messenger Voice Assistant 「Aloha」の動作中の動画が公開された。動画(音声なし)を公開したのはリバースエンジニアリングを得意とする開発者のJane Manchun Wong氏。



Wong氏は、Android向けのFacebook Messengerアプリの新バージョンのコードに「Aloha」の機能が埋め込まれていることを発見したという。公開された動画を見ると、Messengerアプリから「Aloha Voice Test」アプリを立ち上げる様子がわかる。音声なし動画なので実際に音声でのやりとりをしているかどうかまでは定かではないが、画面の状況からは実際に動作しているように見える。





また「Instagram」にも音声機能が追加されることも発見したという。こちらは音声を録音してメッセージ追加する機能なのか、もっと進んだ音声対話や音声チャットなのか、より詳しい機能が知りたいところだ。

「Facebookメッセンジャー」や「Instagram」といったメジャーなSNSアプリに音声認識や音声対話機能が組み込まれていくとしたら大きなニュースだ。また、これらの音声機能が組み込まれたFacebook製のスマートデバイスの噂もより現実的になってきたのに引き続き注目していきたい。
続報があり次第、ロボスタの記事でお伝えするつもりだ。

Source:The Next Web

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム