Harman Kardonの最新スマートスピーカー「Allure Portable」発売直前レビュー!

ハーマンインターナショナルがCES 2018において発表したHarman Kardonブランドの新しいスマートスピーカー「Harman Kardon Allure Portable」。こちらが、2018年8月31日より国内販売されます。価格は公式価格で19,880円(税抜)。こちらをひと足先に実機レビューをお届けします。



開封の儀

早速開封してみます。



パッケージはAmazon Echoよりも一回り大きいサイズです。



開けると出てきたのは説明書、クレードル、USB対応電源アダプタ、充電用USBケーブル、本体です。USBケーブルはアダプタから取り外せるので別の長いケーブルを買って使うこともできますし、電源アダプタのコンセントは折り畳めるタイプであったりと、細かい気配りを感じます。強いて言うなら、USB−Cであってほしかったですけども。



本体チェック

続いて取り出した本体をじっくり確認します。



サイズは約160mm×114mm×114mm。重さは1.1kg。小型ですがバッテリーやスピーカーの重さでずっしりした感じです。ポータブルといえ、かばんに入れて外に持ち出すというより、家の中で部屋を移動するイメージの重量感だと思います。

見た目は特徴的です。筐体の一部がスケルトンになっているのがHarman Kardonらしさだと勝手に思ってますが、上部のスケルトン部分は内部にLEDが配されおり、いかにもな感じです。



ただし兄弟モデルとなるポータブル版ではないHarman Kardon Allureに比べるとスケルトン部分が少ないのは見た目的には残念に感じます。



本体上部はボリュームやミュートボタンなどが配置されます。またマイクの穴が2つ見えます。ノイズキャンセレーション技術を搭載したマイクアレイで、離れたところからでも音声操作ができるといいます。



本体後方には、マイクロUSBの端子、電源ボタン、そしてバッテリー充電状況を示すインジケータがあります。



筐体下部にはバッテリー充電用の端子が見えます。搭載されたリチウムイオン充電池は充電に約4.5時間かかり、再生は約10時間可能となっています。



充電用クレードルはUSBケーブルを差し込んで使います。このケーブルは本体に直接差し込むこともできます。クレードルがないところでも使えるのはいいですね。



セットアップ

続いて設定します。



HK Alexa Setup」と呼ぶ専用スマホアプリをインストールしてそのアプリの指示に従います。日本語ですし、Wi-Fiの設定やAmazonアカウントとの連携を行うだけなので難しいことはありません。



さっそくAmazon Musicで音楽を聞いたり、天気を聞いたり、ロボスタニュースを聞いたりしてみました。

さすがにHarman Kardonとして音質にこだわっただけのことはあります。44.45mm径フルレンジ・ドライバーとパッシブラジエーターをそれぞれ2基を搭載しており、低音もしっかり出ます。20,000円を切る価格帯としては十分な高音質でしょう。音楽再生中でのウェイクワード聞き取りも全く問題ありませんでした。

Amazon Echoの倍に近い価格になりますが、ポータブルが必要、音質に拘る、そして見た目が好みであれば、おすすめできるスピーカーです。



おまけ

最後に他のスマートスピーカーとのサイズ比較。



左がAmazon Echo、右がApple HomePod。中央のHarman/Kardon Allure Portableは、だいたい中間的なポジションです。音の感じも中間かなと思います。

Source:Harman/kardon

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム