4Kビデオも撮影可能な水中ドローン「BW Space」、「Makuake」にて限定先行販売を開始

水中ロボットの総合メーカーYoucan Robotの最新式水中ドローン「BW Space」がPSE(電気安全用品)と技適マークを取得し、クラウドファンディング「Makuake(マクアケ)」にて限定先行販売を開始した。



水中ドローン「BW Spaceとは」

BW SpaceはYoucan Robot社の水中ドローンで、画像認識と自動追尾機能を導入し、0.5-5m内の水中対象人物を識別している為、ターゲットをフォローしながら撮影をすることが可能。また、自動調光、自動方向修正機能を搭載し、流体力学に基づいたデザインの為、水中撮影、ダイビング、水中探査、点検、漁業、科学研究など様々な分野で幅広く使用することができる。


BW Spaceの最大水深は100メートル、バッテリーは最大7時間使用可能。

そして、BW SpaceはSONY製CMOSセンサー内蔵 4K UHDカメラを搭載している為、30fpsの4Kビデオと12メガピクセル写真を撮影することができ、1080Pのリアルタイム映像伝送とライブを楽しむことが可能。また、ほとんどのiOSやAndroidスマートフォンやタブレットと互換性がある為、快適に楽しむことができる。

トンガ諸島で、BW Spaceが撮影した映像。


「Makuake(マクアケ)にて限定先行販売の経緯」

「BW Space」はKickstarterとIndiegogoで目標資金に対し、200%を集め、海外で販売された。その後、日本にも市場を広げる前段階に、水中ドローンの認知拡大のためMakuakeにて先行販売を行うことになったという。先行発売の期間は2018年9月20日13時から10月30日(火)18時まで。


先行販売後に、一般発売される。
関連サイト
プロジェクトページ


自動追尾機能や方向修正機能も



知的自動追尾機能

知的自動追尾機能は水中のダイバーをターゲットとして指定することで、自動追尾することができる機能だ。この機能を使用することで、アルゴリズムでカメラの安定性を高め、ピントを合わせる時間を短縮し、手動操縦より滑らかな映像を撮影することが可能。また「複数のターゲットが現れた」「水質で視界が確保できない」等の場合は、追尾機能が自動で中止するよう設定されている。


今後はソフトウェアのアップグレードによって、指定物体まで追尾させる予定。



知的自動調光機能

知的自動調光機能は、2つのLEDライトが、周りの環境に応じて明るさを0~1380ルーメンの範囲で自動調節を行う機能だ。これにより、深く潜り自然光が減少した環境では、LEDライトが自動的に明るくなり、上昇すると自然光の増加に従い、LEDライトが自動的に暗くなるので、写真家にとって理想的な水中撮影機材ではないだろうか。





知的自動方向修正機能

知的自動方向修正機能は潮、波の影響の影響を受けてドローン本体の向きが変わっても、内蔵センサーが感知し、二つの推進モーターで即時に自動修正を行う機能だ。


Makuake購入で30%OFF

現在、Makuakeでは、BW Spaceを30%OFFで購入することができる。メモリ64GB・通信ケーブル50m・コントローラーありのタイプは、通常価格213,840円(税込)のところをMakuakeでは138,996円(税込)で購入可能だ。また、動画や写真をがっつり撮りたいという方には、メモリ128GB・通信ケーブル100m・コントローラーありのタイプがおすすめ。こちらは通常販売価格224,640円(税込)が157,248円(税込)で販売されている。



海外発の水中ドローン。気になる方はMakuakeをチェックしてみよう。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム