AIを活用した無人コンビニの実証実験をJR東日本が発表、赤羽駅のホームにて10月17日より

東日本旅客鉄道株式会社とJR東日本スタートアップ株式会社は、ベンチャー企業と協業し新たなビジネス・サービスを実現する 「JR東日本スタートアッププログラム」において、2017年度最優秀賞を受賞した、AI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」を使って、2018年10月17日(水)より東京都北区の赤羽駅5・6番線ホーム上店舗で、実証実験を実施することを発表。同システムの開発を行ったのはサインポスト株式会社。

「スーパーワンダーレジ」とは?

「スーパーワンダーレジ」は、利用者が選んだ食品や飲料などの商品をAIがカメラを使って把握し、自動的に購入金額の算出を行ってくれるカメラを使ったAIシステムだ。このシステムを導入することで、レジで会計待ちをすることなく、交通系電子マネーで短時間に決済を行うことができる。昨年の11月に大宮駅にて一般の方を対象として行われたが、一人ずつしか入店することができなかった。


入店イメージ

今回は、複数人同時に買い物することが可能になり、さらに商品認識率と決済認識率が向上し、今回の実証実験で無人決済店舗の実用化を目指す。会場は赤羽駅ホーム上のKIOSK跡を活用した特設店舗で行われ、一般の利用者を対象に無人決済店舗の実証実験が行われる。


商品棚イメージ

今回の実証実験で、利用者の買い物手順は、「店舗入口で交通系電子マネーをかざして入店し、売場の商品棚から商品を手に取り決済ゾーンへ進む、壁掛けディスプレイで購入する商品名と合計金額を確認し、交通系電子マネーで決済すると決済が出口ゲートが開く」という
手順になっている。


決済イメージ

開催期間は、2018年10月17日(水)から2カ月程度、実施場所は、東京都北区の赤羽駅5・6番線ホーム上店舗、営業時間は、10時~20時、平日のみ。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム