2018年10月13日 ロボット業界ニュースヘッドライン

本日のロボット業界ニュースヘッドラインをお届けします。


大手テック企業が台湾をアジアのAI研究開発拠点に選ぶ理由 ほか – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)


UBTECHのCruzrロボットをタイのモバイル小売業者Jaymartに配備 タイのインダストリー4.0を推進|高知新聞


エヌビディアの最新AIコンピュータ、自動車メーカーが車内での自動運転技術の検証を可能に | レスポンス(https://t.co/cfJUDvoaia)


「電動車いす」ロボットは”乗る”と”同伴”で高齢者の自立をサポート(Auto Messe Web) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 – carview!


ロボットの歴史を振り返る–古代神話から近代まで – ZDNet Japan


なぜNHKは人工知能と一緒に番組を作るのか…制作陣に聞いてみた(現代ビジネス編集部) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)


アマゾンから画面付きAIスピーカー登場 LINEもラインアップ拡充 市場拡大図る – SankeiBiz(サンケイビズ)


JCBが「AI無人レジ」の狙い キャッシュレス主導権争い激化 – https://t.co/0XytDDozBOプライムオンライン


城北工高、ロボット相撲で全国へ 出でよ「海ノ食物」 | 小田原 | タウンニュース


サイバー攻撃の深刻度をAIが判定、日立がセキュリティの新サービス | 日経 xTECH(クロステック)


AI、ロボティクス、ヘルスケア分野での第一人者が登場!!経済産業省認定「J-Startup企業」と大企業によるカンファレンスをILS内で開催|株式会社プロジェクトニッポンのプレスリリース


鑑識活動にドローンを活用へ 警視庁が訓練|日テレNEWS24

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム