Anker、Googleアシスタント搭載のポータブルスマートスピーカー「Model Zero+」発売へ

Ankerは、soundcoreブランドのスマートスピーカー「Model Zero+」を発売する。CES2018で予告されていたモデルだ。



ドーナツ型の取っ手がついたデザインが特徴的で、バッテリーを内蔵しているポータブルスピーカー。音質にもこだわり、Scan-Speakと呼ぶ高音質ドライバー、BassUpと呼ぶ低音出力技術も搭載している。



今回同時発表されたのは、「Model Zero」「Model Zero+」の2種類だが、AI音声アシスタントが搭載されているのは上位機種となる「Model Zero+」のみ。こちらはグーグルアシスタントを採用している。Model Zero+の価格は249.99ドル(日本円でおよそ28,000円)、通常のポータブルスピーカーである「Model Zero」は199.99ドル(日本円でおよそ22,500円)となる。


■ Model Zero+

・Google Assistant搭載
・DOLBY AUDIO
・バッテリー駆動5時間
・価格は249.99ドル(日本円でおよそ28,000円)

■ Model Zero
・Hi-Res Audio
・IPX5防水
・バッテリー駆動10時間
・価格は199.99ドル(日本円でおよそ22,500円)

Model Zeroは来月出荷予定で、「Model Zero+」は遅れての発売となる。なお日本国内での販売については、両製品とも未定だ。


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム