「ロボスタトーク」と「ロボスタロボ1号」を展示 12月6日から「DOCOMO Open House 2018」で

ロボットビジネスを専門に行うロボットスタート株式会社は、12月6日(木)〜7日(金)の2日間開催される「DOCOMO Open House 2018」に出展し、開発者応援プラットフォーム「ロボスタトーク」を発表します。ブースでは、ロボスタトークを搭載したロボット「ロボスタロボ1号」も展示予定です。AIゾーン「ドコモAIエージェントAPI ×AI Geeks」ブース、ロボスタコーナーに出展します。

ロボスタトークとは、NTTドコモのAIエージェントAPIを活用して開発された会話エンジンです。簡単な雑談ができる他、最新のニュースや天気予報の読み上げにも対応しています。ロボスタトークは、自作のハードウェアやIoT製品、チャットボットなどに自由に組み込むことができ、ドコモAIエージェトAPIで自作したエキスパートエージェントと連携することで機能を追加することもできます。ロボスタトークのメイン会話は、デバイスに合わせてカスタマイズすることも可能です。

○ ロボスタトークの3つの特徴

1. 自分で作ったエキスパートエージェントを配信できる
専門分野に特化した「エキスパートエージェント」を無料で作成することが可能です。ドコモAIエージェトAPIで提供されるGUIサービスを使って、任意のキャラクターを開発者が自由に作成できます。

2. 自作のハードに組み込める
ロボスタトークのメインエージェントを、自作のハードウェアやIoT製品、チャットボットなどに自由に組み込むことができます。ドコモAIエージェトAPI提供のSDKを利用して、ロボスタトークの「client secret」を設定してください。

3. メインエージェントのカスタマイズも可能
「ロボスタトーク」のメイン会話をカスタマイズすることが可能です。豊富な音声ライブラリから好みの声を選択したり、応答の一部を変更することができます。これにより、オリジナルロボットの作成時など、会話機能の開発にかかる時間を短縮することができます。

DOCOMO Open House 2018は、5Gに加え、AIやIoTなどの最新技術から、それらを活用したビジネスソリューションまで幅広く紹介するイベント。協創を進めているパートナーによる講演や展示など、多彩なプログラムが用意されています。入場は無料で、WEBサイトからの事前申し込みが必要です。

ぜひ会場でロボスタトークをご体験ください!

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム