いま売れている「家電リモコン」ってなに? ラトックシステムの「スマート家電コントローラ」を使ってみた【レビュー】

その存在に決して派手さはないけれど、すごく売れてる商品ってあるでしょ。
ラトックシステムの「スマート家電コントローラ」(家電リモコン)もそのひとつ。+Styleの総合ランキングやAmazonのIoT関連機器ランキングで、トップや上位にランクされている商品なんです。

+StyleのYahoo!ショッピング店の「総合ランキング」のトップ(12月25日時点)。5の付く日はポイント5倍でお得


家電リモコンとは

ところで「スマート家電コントローラとか家電リモコンってなに?」「なんで売れてんの?」とか思いますよね。商品の写真を見ても何をするものだかサッパリわかりませんし。

簡単に言うとこれ、テレビとかエアコンとか扇風機とかレコーダーとか照明とか、いつのまにか部屋にたくさんある家電のリモコンの代わりに、「スマートフォンのアプリで家電を操作できるようにしよう」という商品なんです。

スマートフォンでエアコンのオン/オフ、温度設定ができる(実際はエアコンにスマホを向ける必要はありません)

スマートフォンはいつも手元に置いているものですから、それで家電を操作できるようになると便利、というわけです

左からテレビのリモコン、スマートフォンのアプリ、右がラトックの「スマート家電コントローラ」。テレビリモコンはしまっちゃって、スマホのアプリでテレビの操作をしちゃおう、という商品が家電コントローラ

これが「家電リモコン」の操作画面。スマートフォンからテレビが操作できる。アプリのテレビリモコン画面(汎用リモコン)。テレビだけでなく、接続しているハードディスクに録画した一覧を見たり予約もできて、リモコンとほとんど同じ機能がスマホで使える

更には、スマートフォンのアプリから家やオフィスの家電が操作できるということは、インターネットに繋がっていれば、外出先からも家電の操作ができるということ。例えば、寒い日に外出先から家のエアコンの暖房を付けて、部屋に入ったらポッカポカなんてこともできるんです。


古い家電のリモコンも

対応する家電はスマートホーム対応の最新機種でなくても、赤外線リモコンを使うものなら、たいていのものはことが足ります。

例えば、うちのテレビは古いタイプなのでプリセットの選択肢に商品名のリストがなかったけれど、「汎用リモコン」を選択してもほぼ今のテレビ・リモコンすべての機能が使えるので便利。

アプリに新規に家電(のリモコン)を登録する画面。さまざまな種類の家電に対応している。古い機種でも主要な機能は使えて便利


エアコンの場合「なるほど!」

うちのエアコンはテレビよりもっと古い機種。プリセットはもちろんありません。そういう場合はリモコンの全ての機能が使えるわけではありませんが、暖房か冷房か、××度に設定したいかをスマホのアプリから指示できるようにします。
アプリには「暖房 ××度」「冷房××度」というボタンを、よく使う温度ごとに複数登録しておきます。アプリからそのボタンを押せば、エアコンはボタンで設定しておいた温度で動き出すわけです。

エアコンのリモコン画面。暖房の21、23、25度で動作させる各ボタンと、夏のために冷房の25、27、29度で動作させる各ボタンを登録しておく(画面の下の方)。ボタン一発でエアコンは動き出す

なぜ古い機種でも動くかといえば、「暖房21」を登録する際、エアコンのリモコンを暖房で21度にセットして家電コントローラに向かってピッとやって登録するのです。すると家電コントローラはその電波信号を理屈抜きに記憶します。で、スマホのそのボタンが押されると記憶した信号をエアコンに発信するわけです。だから機種が古くても大丈夫なんですね。


スマートスピーカーと連携して声で操作

更にAmazon EchoやGoogle Homeのアプリとリンクすれば、スマートスピーカーから声で家電が操作できるようになります。なんだか「スマートホームきた!」って感じですよね。

アイコンに「A」のマークが付いている家電がAmazon Alexaと連携済み、「G」がGoogleアシスタントと連携。アプリ画面の下部に温度や湿度等の表示が出て、これも便利


ペットのお留守番が気になる人にも

上記、アプリ画面の画像では、下部に温度や湿度等の表示が確認できます。ペットを買っている人の中には、ペットがお留守番している間、部屋の温度が急上昇したら心配だ、という人も多いはず。そんな場合も、この製品を使うと自宅の温度や湿度を外出先から確認したり、部屋の温度が適正でなかったらエアコンをオンしたりできるので安心です。



リモコンって物理的にボタンを押したり、たまに机から落ちたりする機器なので、実は壊れることもよくあります。最近の家電は機器自体にボタンがほとんどなくて、リモコンがないと何もできない、ってこともしばしば。そんな悩みからも解放されて便利ですよ。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム