NTTドコモが開発、通話をリアルタイムで文字化する「みえる電話」

NTTドコモから提供されている「みえる電話」というアプリをご存知でしょうか。

みえる電話は、通話相手の言葉をリアルタイムで文字に変換し、スマートフォン画面に表示するアプリです。聴覚に障がいがある方や、賑やかなところで電話する際に相手の声が聞き取りづらいなど、通話相手の言葉を聞き取るのが難しいと感じている方のためのサービスです。

問い合わせ窓口とのやり取りをテキストに残しておきたいなどの用途で利用することも考えられるかもしれません。

みえる電話アプリは話し終わりを待たずにリアルタイムで文字化されるだけではなく、こちらからテキストで入力をして相手には音声で内容を伝えるといういわゆる「Text to Speech」も可能です。



現在トライアル的に展開されており正式サービスではないため、利用の際には公式サイトよりモニターに申し込む必要があります。ドコモの回線契約者のみがモニターの対象者となります。

障がいを持つ人だけではなく多くの方にとっても利用シーンがあるであろうこのサービス。今後の展開が期待されます。

ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットやVUI(Voice User Interface)デバイスに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットやVUIデバイスなどがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム