中国テンセントがメッセージアプリ「WeChat」に自社AIアシスタント「Xiaowei」を搭載へ

中国インターネット大手「Tencent(腾讯:テンセント)」が無料インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信:ウィチャット)」にAI音声アシスタント「Xiaowei(小微:シャオウェイ)」を搭載するという。2019年1月9日、Bloombergが報じた。

Wechatは日本でいうとLINEやfacebook Messengerに近いサービスで、知人とのコミュニケーションをとることを中心としたソーシャルサービスだ。

WeChatの最大の特徴はユーザー数が大きいことだ。2011年第3四半期からの成長グラフを見るとその伸び方も驚異的だが、2018年第1四半期以降、10億を超えるユーザー数を維持している。まさに世界有数の巨大なプラットフォームになっている(ただし、WeChatは暗号化などのセキュリティ面で辛辣な評価を受け、中国国内でも企業が使用を禁止したり、ユーザー離れの傾向が見られるという報道もある)。

今回のBloombergの報道によれば、このWeChatに自社開発のアシスタント「Xiaowei」を搭載することで、QQ Musicの音楽を再生指示したり、タクシーを呼んだり、天気や渋滞情報やニュースを確認できるように機能が拡張されるという。なおWeChatへのXiaowei搭載時期は不明だ。

Photo: 36氪

なお昨年Tencentは「Tingting (听听)」と呼ぶスマートスピーカーを開発中と報じられていた。

中国のスマートスピーカー市場はAlibaba(アリババ)Baidu(バイドゥ)Xiaomi(シャオミ)HUAWEI(ファーウェイ)がシェア争いを行っている真っ只中だが、巨大なソーシャルプラットフォームを背景にTencentがどこまで存在感を高められるのか注目したい。

Source:Bloomberg



関連記事
ロボスタ / Tencent


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム