中国四川省でドローン配送がスタート! 重さ30kgまでの食品や電化製品等を

中国ECサイトの大手・京東(ジンドン)は、2019年1月より、四川省広安市でのドローン配送を正式にスタートしたことを発表した。効率的で時間通りの配達を行なうことを目的としている。

京東は、2016年6月に江蘇省宿遷市でドローン運営センターを設立して以来、2017年6月18日から、中国陝西省、江蘇省、海南省、青海省、広東省及び大学のキャンパスでドローン配送の運営を立て続けに行なってきたが、今回発表された山道が多い中国西南部ではこれが初めて。

ドローンは、体積が大きな物を除き、5kgから30kgまでの食品・電化製品・洋服などを配送することが可能。配送予定の荷物が「ドローン配送センター」に集まると、ドローン達は購入者から1番近い地元の「配達センター」まで荷物を届け、その後地元の業者が各家庭に荷物を届けてくれるという流れ。

ドローンは自動飛行ではなく、プロのドローン操縦者が操作して配送する。



今回発表された中国西南部は、山道が多く、以前の配送は半日かかることが少なくなかったという。一方ドローンでの配送は、コストが低いだけでなく、車での配送が一時間かかる場合でもドローンだと6分程度で済む。配送スピードが約10倍早くなるということだ。このように配送速度が上がった事により、生鮮食品の配達も可能になったという。

京東社は、今後もドローン配送システムを山道の多い四川省及び、重慶市での展開を図っていくと展望を述べている。

ABOUT THE AUTHOR / 

郭 心宇
郭 心宇

中国出身、1993年生まれの25歳。2018年東京大学プロトタイピング・デザイン研究室から修士課程を終了した。中国・日本のロボットを調査しながら、知識と経験を積むことを目的として、ロボスタでアルバイト中。ロボット以外では、スポーツと旅行も好き。日本全国を回ることが三年以内の目標です。

PR

連載・コラム