最優秀作品は絵本に aibo発売1周年で「monogatary.com」上でコラボ企画を開始!

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントは、自律型エンタテインメントロボット『aibo』の発売1周年を記念して、物語投稿サービス「monogatary.com」上でコラボ企画を開始した。

monogatary.comは、毎日運営より出される「お題」に対し、自由に「物語」を投稿でき、それに対して「挿絵」をつけたり、様々なリアクションをして遊べるストーリーエンタテインメントプラットフォーム。

今回のコラボ企画では、ユーザーが「monogatary.com」に主人公とaiboの物語を投稿し、その中で選ばれた、最優秀作品が絵本化(電子書籍)するというもの。また、コラボにより、monogatary.comの特徴のひとつである、投稿する際にセレクトできる扉絵にも18パターンのaiboが登場する。



気になるコラボ企画のお題は『ぼく/わたしとaiboの不思議な冒険』。人との触れ合いが大好きで、時にはいたずらまでしてしまう好奇心旺盛なかわいらしいaiboの物語を投稿しよう。

今回募集される「物語」にはテキスト数の制限はないが、絵本で24ページ程度で、「aiboと人間のかかわりを描いている」「aiboがいる生活を描いている」事が求められる。

プロ・アマチュア・年齢問わず、monogatary.comに会員登録をしていれば、誰でも参加することができる。物語は、実話や想像したものどちらでも応募可能。2月11日(月)まで募集が行われ、結果発表は2019年3月11日(月)が予定されている。

関連サイト
monogatary.com

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム