Amazonがついに宅配ロボットを開発! 名前は「Amazon Scout」

米・Amazonは、1月23日(現地時間)、同社が開発した宅配ロボット「Amazon Scout」の配達テストを開始したことを発表した。宅配先まで自律的にロボットが走り、到着すると依頼主が外に出てロボットから荷物を受け取る。家の前まで到着をするとアプリなどで通知されるようになっているようだ。

まずは、ワシントン州スノホミッシュ郡の近隣の顧客向けにテストされる。Amazonで注文をすると、プライム会員の場合は、注文時に配達業者かScoutを選択ができるようだ。まずは6体の「Scout」が平日の日中に配達をする。

StarshipやYape、Robby、Marbleなど様々な企業が開発を進めているデリバリーロボットだが、Amazonの場合にはそのまま自社のECビジネスに直結するため、多くの資金を注ぎ込むことだろう。後発ながら、急速に開発が進む可能性が高そうだ。

日本国内では、慶応SFCキャンパスでZMPのCarriRo Deliをテストするなど、私有地でのテストが進められている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム