「Alexa、エアコンを24度にして」ラトックのスマート家電リモコン、Alexaスマートホームのエアコン温度設定に対応!

PC、スマホ周辺機器メーカーであるラトックシステム株式会社(以下ラトック)の「スマート家電コントローラ」(スマート家電リモコン)は、テレビやエアコン、レコーダーなど、さまざまなデバイスをアプリから操作できる人気の商品だ。しかも、Alexaスキルと連動すると、Amazon Echoに「エアコンつけて」と話しかけることでスマート家電リモコンを通じてエアコンやテレビなどのオン/オフが可能になって未来的だ。その機能が進化した。

Amazon Alexa搭載デバイス用のスキル、スマートホームスキルでは家電の電源オンオフとテレビのチャンネル・音量変更、照明の明るさ調整に対応していたが、昨年、Alexaで”エアコンの温度設定”や”設定変更”までもができるサーモスタット機能がサポートされた。

このことを受け、ラトックは、同社が開発したスマートスピーカーと組み合わせて音声で家電を操作できる「スマート家電コントローラ用スマートホーム」のスキルを更新し、いち早くAlexaでエアコンのモード指定および設定温度の変更に対応したことを、1月31日に発表した。

同機能の追加により、スキル名を呼び出すことなくエアコンの設定温度を指定でき、Alexaアプリで部屋を割り当てて音声操作ができるなど、スマートホームデバイスとしての機能をいかした運用が可能となる。

更新機能の概要

なお、同機能は、新発売スマート家電リモコンRS-WFIREX4ほか、旧モデルのRS-WFIREX3、REX-WFIREX2にも適用可能だが、その際はスキル用のデータベース更新が必要だ。


追加となった発話例

対象操作は、エアコンの電源、モード指定(冷房、暖房、自動)、設定温度指定、モードと設定温度の確認となる。


「アレクサ、暖房をつけて」
「アレクサ、エアコンを24 度にして」
「アレクサ、リビングのエアコンをつけて」
「アレクサ、エアコンの温度を3度下げて」
「アレクサ、エアコンの温度設定は何」

※Echoの会話継続モードのオンで、例えば「アレクサ、暖房をつけて」のあと続けて「24度にして」と発話可能。



家電リモコンアプリで各モードの初期値を指定可能(除湿は非対応)

Alexaアプリのスマートホームでは、サーモスタットとして認識

定型アクションで、設定温度の指定が可能に

▼ 機能追加対象製品

同社によると、スマート家電コントローラは、Amazon Echo Showでも動作確認済みで、スマートホーム機能はもちろん、カスタムスキルを使って家電操作する場合、スクリーンへセンサー値や環境の表示なども可能。今後も新機能への対応をすすめ、スマート家電リモコンをより使いやすいものへと発展させていくとのことだ。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム