日テレとドコモ、番組連動型AI会話サービス「AIう」を開発

日本テレビと、株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズ、NTTドコモの3社は、日本テレビの情報番組「バゲット」(月~木曜日 朝10時25分~11時30分)において、番組内で放送された内容を番組放送中にAIが視聴者へ情報配信する番組連動型AI会話サービス「AIう」(えーあい う)を開発したことを発表した。

日本テレビが、LINE上で2019年2月4日(月)~2019年3月31日(日)までの期間提供する。「バゲット」は、視聴者に「気分がアガる」情報を生放送で届ける情報番組。今回提供するAI会話サービス「AIう」では、「バゲット」の番組進行に合わせ、各コーナーで紹介した情報をAIキャラクターが会話方式で視聴者にタイムリーに提供する。視聴者の方は「いまの情報見逃した」、「もう一度内容を確認したい」という時に、検索することなくトークルーム内のメニューボタンから選ぶだけで商品の詳細情報やショッピングサイトにアクセスできるなどスムーズに知りたい情報を得ることができる。

日本テレビは、視聴者の環境変化に合わせた革新的なテレビ視聴体験を探求しており、AIを使った最新技術の開発とそれに伴う番組開発を進めており、またドコモは中期戦略2020「beyond宣言」の一環としてAIを活用し、スタイルを革新するサービスの創出を取り組んでいる。そこに日本テレビのグループ会社でフォアキャスト・コミュニケーションズが加わり、番組連動型AI会話サービス「AIう」を企画。本日より提供が開始された。

「AIう」は、ドコモが開発したAIチャットボット作成サービス「Repl-AI(レプルエーアイ)」を活用して開発された。

また、ドコモが開発したAI雑談対話エンジンを用いた「かたらい(katarai)」を活用し、AIキャラクターとの会話機能も提供する。幅広い話題でのやりとりを通して、本サービスの会話の楽しさを拡張する試みだ。

スマホアプリの「LINE」上で、QRコードもしくは特設サイトの「友だち追加ボタン」から「AIう」と友達になることで利用可能になる。

関連サイト
AIう

(トップ画像は「バゲット」公式サイトより引用)

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム