LOVEをはぐくむ家族型ロボット「LOVOT」、米「SXSW 2019」に出展 講演と展示ブースでのふれあい体験を予定

GROOVE Xは、米テキサス州オースティンで開催される、クリエイティブ・ビジネス・フェスティバル「SXSW 2019(サウス・バイ・サウスウエスト)」にLOVEをはぐくむ家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」を出展することを発表した。

「LOVOT」を出展する期間は、2019年3月4日~6日はEDU(教育)で、10日~13日はTrade Show(展示会)での出展が予定されている。教育の分野では、情操教育での「LOVOT」の有効性についての講演を行い、10日以降は展示会で、現地の人々に「LOVOT」を実際に触れ合って体感してもらうとしている。


SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)とは

SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)は、1987年にテキサス州オースティンで始まったイベント。音楽祭・映画祭・インタラクティブフェスティバルなどを組み合わせた新しいビジネスの登竜門として位置づけられている。世界中のプロが集う同イベントは、クリエイティブな人々がゴールするためのサポートに注力しており、複数のセッションや展示、上映を通じて、多様なネットワークの機会を提供している。

GROOVE Xは、今年の1月に米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されたCES 2019(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)に出展し、大手ガジェット系メディアが主催するアワードのグランプリに輝いた。

CESでの展示風景

CES 2019では「LOVOT」は「人の仕事の代わりはしない」「言葉は話さない」が、「見た目の愛らしさ」「シンプルな動き」「抱っこした際の目、柔らかさ」そして「あたたかさ」という点に注目が集まっていた。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム