日産とドコモが5Gで「ドライバーが見えないものを可視化」するI2V技術の実証実験

クルマの影やカーブの先など、見えない場所に危険は潜んでいる。ICT技術で見えないものを見える様にする取り組みが始まる。

日産自動車とNTTドコモは、「I2V(Invisible-to-Visible)」技術を搭載した車両に、第5世代移動通信方式「5G」を活用して、遠隔地にいるユーザーを3Dアバターとして車内に出現させる実証実験を開始したことを発表した。


日産は、リアル(現実)とバーチャル(仮想)の世界を融合し、ドライバーが「見えないものを可視化」する「I2V」を「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現する未来のコネクテッドカー技術の一つとして研究開発を進めている。「I2V」は車内外のセンサーが収集した情報とクラウド上のデータを統合することで、クルマの前方や建物の裏側、カーブの先の状況など通常では見えないものをドライバーの視野に映し出す。


200m先で横断している情報を表示

さらに「I2V」は仮想世界「メタバース」と接続することで、様々なスキル、知識を持った人や、遠隔地にいる知人、家族と現実世界のクルマをマッチングし、AR(拡張現実)によって車室内に3Dアバターとして登場させることが可能。


実証実験では、車内のユーザーと遠隔地にいるユーザーが、互いにリアルな存在感や同乗感覚を得るために必要な情報提供方法(ユーザーインタフェース)やインタラクティブなコミュニケーションの有用性などの評価・確認が行われる。


また、車外から車内へのアバターの伝送、車内の状況を車外で確認する俯瞰映像の伝送をリアルタイムで行うために、ドコモの「高速大容量」「低遅延」な通信品質を実現する「5G通信」が活用される。

同実証実験は、日産のテストコース「グランドライブ(横須賀市夏島町)」で行われ、実験車両は日産の「NV350キャラバン」をベースとしたものが使用される。

関連サイト
日産自動車

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム