東京2020ロボットプロジェクトが本格始動 第一弾でトヨタ、パナがロボット発表

東京2020組織委員会は、大会ビジョンに掲げた史上最もイノベーティブで世界にポジティブな改革をもたらす大会を目指し、イノベーティブな取り組みのひとつとして「東京2020ロボットプロジェクト」を発表した。プロジェクトでは、ロボット有識者の協力のもと、国、東京と、大会パートナー、東京2020組織委員会が連携して取り組んでいく。

そして本日虎ノ門ヒルズで行なわれた記者会見で、「東京2020ロボットプロジェクト」の第一弾として、プロジェクトの概要と、車いす席の方をサポートする生活支援ロボットの活用および大会運営におけるパワーアシストスーツの活用について発表した。発表されたロボットは、トヨタが開発する生活支援ロボット「HSR」とデリバリーサポートロボット「DSR」、そしてパナソニックのパワーアシストスーツ。


トヨタが開発した生活支援ロボット「HSR」

今後も「東京2020ロボットプロジェクト」で活躍する新たなロボットについては順次発表予定だとしている。

東京2020ロボットプロジェクトのリーダーを務める比留川博久氏は、「ショーケースとしてロボットを単に展示するのではなく、実際に日本でロボットが人の役に立つ姿を発信したいと考えています」と述べ、「競技観戦のみならず、ロボットの活用・展開についてもご期待ください」と述べている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム