ロボットフィッシュ「MIRO-5」が発売 自動遊泳アルゴリズムを搭載

IoTショールーム「+Style(プラススタイル)」は、本物の魚のように体を動かして泳ぐロボット「MIRO-5」を、2019年5月20日に発売することを発表した。販売開始に先立ち、本日より予約受付を開始している。価格は64,800円(税込)。

MIRO-5は、韓国のAIRO社が開発したロボットフィッシュ。体が複数のパーツで構成されており、スクリューではなく関節を動かして遊泳するほか、浮き袋の制御により上下方向にも遊泳が可能。

レーザーセンサー4個と自動遊泳アルゴリズムを搭載し、前方と左右、下方の4方向の障害物を感知・回避する。なお、アルゴリズムによる自動遊泳に加えて、Androidアプリで泳ぐ方向を手動で操作可能だ。サイズは200mm×190mm×45mm。重さは225g。

2,000mAhのバッテリーを搭載することで、連続8時間の動作を実現。関節を動かすモーターには、メタル製ギアを採用することで、高い耐久性を備えている。なお、万が一の故障に備えて関節ブロックの交換パーツも付属しており、安心して長期間利用できる。AIRO社は、MIRO-5のほかに、より大きなMIRO-7やMIRO-9、MIRO-21を開発しており、プラススタイルは今後の販売を検討していると述べている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム