スマートスピーカーで音声操作、外出先からも宅内見守りや家電操作できるホームIoTサービス「J:COM HOME」提供開始

ジュピターテレコム(J:COM)は、2019年6月27日から順次、ホームIoTサービス「J:COM HOME」の提供の開始を発表した。スマートスピーカー「Google Home mini」に対応する。下記がそのプレスリリースの詳細。

「J:COM HOME」は、ご家庭にIoT機器を設置しネットワークに接続することにより、暮らしの『利便性』を高め、『安心』をお届けするサービスです。




外出先から、ドアや窓の開閉確認や玄関の戸締りを確認できる『見守りパック』と、スマートスピーカーを使ってテレビをはじめとする家電の音声操作や、外出先からの家電操作を可能にする『家電パック』を中心にご提供します。「J:COM HOME」は、お客さまのライフスタイルに合わせて、パックとオプションをお選びいただくことができるサービスで、例えば、『見守りパック』にオプションの赤外線リモコンを追加することで、音声で家電操作ができるようになります。



「J:COM HOME」をご契約されたお客さまには、本サービスをご利用に必要な、端末の設置・設定、ID登録などが含まれるサポートサービスをご提供いたします。「J:COM HOME」は多チャンネル放送サービス「J:COM TV」やインタ-ネット接続サービス「J:COM NET」などとセットで提供するサービスで、月額利用料金は1,480円(税抜)*1です。









J:COMは、「いつもの暮らしをもっと便利に、もっと安心を」をコンセプトとしたホームIoTサービス「J:COM HOME」を通して、お客さまに豊かで安心なライフスタイルを提供していきます。今後は「J:COM HOME」をベースとし、さらに新しい価値の創造を目指していきます。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボライター

PR

連載・コラム