世界一売れた二足歩行の会話ロボット「ロビ2」の完成品が100台限定で販売開始、ロビ専用ニットTシャツ付属、価格は198,000円

デアゴスティーニ・ジャパンは、2017年6月6日に創刊した「週刊 Robi2」が、2019年4月2日に完結したことを記念し、組立済み完成品の「ロビ2」の販売を本日から開始したことを発表した。「ロビ2」、世界で1番売れた二足歩行コミュニケーションロボット「ロビ」シリーズの最新版。
ロビ2の価格は198,000円(税抜き)で、100台限定の販売になる。

組立済み完成品には、ロビ専用ニットTシャツ(シルバーグレー&ワインレッド)と「週刊Robi2」の取扱説明書、充電チェアー、ACアダプター、ロビ絵本(2冊)などが付属する。マガジンやバインダーは付属しない。ロビ2組み立て完成品はデアゴスティーニセレクトショップで販売中。


ロビ専用ニットTシャツ(シルバーグレー&ワインレッド)

また、ロビ2の完成品は新宿、または大阪の高島屋「ロボティクス スタジオ」でも展示販売される。


ロビ2は顔と名前を覚えることができる

ロビ2の特徴は、家族の顔と名前を覚えて呼びかけることができるという点。日常会話以外にゲームやダンスといった機能をもち、初代ロビやQ-boと遊ぶことができる。


左がロビ2、右がQ-bo

Q-boはロビとおしゃべりしたり、遊んだり、ときにはサポートしてくれるツールロボット。一緒に絵本を読んだり、ゲームしたりすることができる。英会話のレッスンもで可能だ。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム