日本航空宇宙学会「全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」を9/28〜29に開催 大田区、JAXA、OBK等が共催

日本航空宇宙学会は、飛行ロボット(ドローン,無人航空機)の普及と、学生の設計・製作・モノづくり教育の支援、航空産業を担う人材育成を目指し、「第15回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」を開催することを発表した。コンテストは、 東京都大田区総合体育館にて9月28日(開会式・予選)と29日(決勝・表彰式)に行われる。

「第15回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」では、全国から集結した60を超える学生チームが独自に設計・製作した個性的な飛行ロボット(ドローン,小型無人航空機)が、被災地への緊急物資輸送などを想定したミッションで競う。観覧は無料で申し込みは不要。また、インターネットでも中継される。

このコンテストは大田区、JAXA(宇宙航空研究開発機構)、OBK(大田ビジネス創造協議会)との共催により開催し、以下の企業が協賛している。

協賛(順不同)
株式会社東京ビッグサイト,株式会社羽生田鉄工所,一般社団法人日本航空宇宙工業会,五光物流株式会社,株式会社AileLinX,株式会社ジャムコ,エアバス・ジャパン株式会社,ボーイング・ジャパン株式会社,一般社団法人21世紀ニュービジネス協議会,東京航空計器株式会社,三菱重工業株式会社,株式会社自律制御システム研究所(ACSL),川崎重工業株式会社 航空宇宙システムカンパニー,株式会社Japanエアロ インスペクション,シンフォニアテクノロジー株式会社,多摩川精機販売株式会社,東レ株式会社,株式会社スペースエンターテインメントラボラトリー,株式会社城南サービス,多摩川精機株式会社,東京蒲田ロータリークラブ,東京急行電鉄株式会社,ダッソー・システムズ株式会社,ファナック株式会社,日刊工業新聞社/モノづくり日本会議,株式会社フロムページ,株式会社ORSO,株式会社キャステム,住友精密工業株式会社,徳田貴仁(個人協賛),全日本空輸株式会社,株式会社IHI,楽天株式会社,日本製鉄株式会社,株式会社アイ・ロボティクス,ブルーイノベーション株式会社,長野県産業労働部ものづくり振興課,株式会社日立製作所,日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM),AZAPA株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム