【速報】渋谷の新しい観光名所 解放感満点の「渋谷スクランブルスクエア」の屋上展望施設「渋谷スカイ」で夜景体験!知っておきたいポイントを写真で解説

2019年11月1日にいよいよグランドオープンする「渋谷スクランブルスクエア」。渋谷駅の直上にあり、スクランブル交差点を見下ろすことができる好立地にそびえ立つ。ショップやレストラン、会員制のワーキングスペース「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」などが入り、渋谷の新たなランドマークになること間違いなしだ。
そして、オープン前から注目されているのが47階、屋上展望施設「渋谷スカイ」だ。高さ約230m。上に遮るもののない解放感と浮遊感は圧倒的。360度の視界で東京の景色を楽しむことができる。


10月24日、オープン前の「渋谷スカイ」が報道関係者向けに特別公開された。ロボスタ編集部も早速、夜の部に参加。最速で渋谷スカイからの夜景を体験してきたので、撮りおろし写真とともにレポートしよう。

人気なのはやっぱり六本木方面と東京タワー


ちなみに渋谷は多くのスタートアップやベンチャー企業が集まるICT業界にとって特別の場所。更にはこの「渋谷スクランブルスクエア」の15階にある「渋谷キューズ」で11月5日にロボットのファッションショー「ロボコレ2019」が開催される。スタートアップ企業やロボット業界が注目する「渋谷スクランブルスクエア」の「渋谷スカイ」の、ここだけは知っておきたいポイントを紹介しておきたい。

渋谷のどこにあるの?
「渋谷スクランブルスクエア」は渋谷駅の直上にある。改札口で言うと、実はヒカリエ方面。東横線や副都心線のヒカリエ改札口を出ると、左すぐヒカリエ、右すぐスクランブルスクエアという位置関係にある。渋谷のスクランブル交差点の方向、つまりハチ公口方面に出てしまうと迷う可能性が高いので注意しよう(※個人の感想です)。


14階から未来的なエレベータで展望施設へGO

「渋谷スクランブルスクエア」はIT業界など様々な企業のオフィスも多数入っているが、一般の読者の方にとってワクワクなのがショップ&レストラン。地下2階~14階までの16フロアで展開されている。そして、屋上展望施設「渋谷スカイ」へのチケットカウンター(料金:大人2千円)と直通エレベータの乗り場はその14階にある。

14階にある渋谷スカイのチケット・カウンター。この日はオープン前なので当然スタッフの人はいない
なんとチケットが完売!?
2019年11月分の入場チケットの購入は、オフィシャルWEBサイトからの完全予約制となっている。なんと既に完売しているらしい。12月からは渋谷スクランブルスクエア14Fの渋谷スカイチケットカウンターにて当日窓口チケットも販売される。
WEBチケットのご購入はこちら。
https://webket.jp/pc/ticket/index?fc=00396&ac=8001

14階から直通エレベータに乗ると、エレベータの天井に宇宙的、未来的な映像が展開され、あっという間に46階に到着する。46階にはラウンジバーとショップ、そして「渋谷スカイ」への入り口が待っている。

■ 直通エレベータで46階へ



でも、ちょっと待って。なにせ「渋谷スカイ」は渋谷のど真ん中の地上230m。万が一、風に飛ばされて何か持ち物を落としたら大惨事につながりかねない。そこで、持ち物はひと通りロッカーに預けるしくみになっている。

ロッカーまでなんだか未来的

基本的に持ち物はすべてロッカーに預ける。帽子や傘も禁止(雨天は屋上には出られない)

そしていよいよ渋谷スカイへ。天井のないガラスの向こうにいきなり広がる東京の大パノラマ。しかし、これはまだ序の口。屋外エレベータに乗って、更に屋上階へ。

これが地上約230mの屋外エレベータ!

■ 屋外エレベータで最上階へ




渋谷スカイの屋上階は抜群の解放感、東京の夜景を独り占め

四方を遮るものはガラスだけ。きれいに磨かれたガラスはほとんど透明で存在感を感じないので、余計に足元がすくむ。

屋上の中央は人工芝が張られたヘリポート

新宿方面の見事な夜景に息を飲む。ただ、この角に行くのは足がすくむかも。新国立競技場も見えます。わかりますか?

これならわかるかな? こういうときに意外に便利なのがiPhoneのマップやGoogle Maps。この方向にどんな建物があるか手軽に調べることができる(スマホが持ち込めるなら)

眼下には渋谷のスクランブル交差点ももちろん見える

ガラスがこんなに低い!気分はアゲアゲか、ガクブルか、それはあなた次第

ガラスが見えにくいように撮ってみた! インスタ向きなのはやっぱりここ(※個人の感想です)

夜空の下にまさかのソファー!ゆったり座って東京タワーと夜景を眺めると独り占めしている気分

まるでキラキラと輝く宝石箱! そんでもって、やっぱり東京のシンボルは東京スカイツリー(左)より東京タワー(※個人の感想です)

解放感抜群の渋谷スカイで、ハンモックに寝転んで青空や夜空を見られるなんて夢のよう





夜はライティング演出もチェックしたい

夜は30分ごとにデジタルテクノロジーを駆使したライティング演出が行われる。せっかく来たんだからチェックしたい。



■ デジタルテクノロジーを駆使したライティング演出

■ 下りのエスカレータ




46階のギャラリーも楽しみ満載

46階のギャラリーは雨天でも楽しめる屋内展望施設になっている。更にはデジタルテクノロジーを駆使した演出、お酒やソフトドリンクや軽食が楽しめるラウンジバー、ショップなどがあるので存分に楽しんじゃおう。


ガラスに写りこむ映像と夜景のコラボも幻想的

ラウンジバーで夜景を見ながらお酒や軽食を楽しめる

どれも美味しい!



■ 渋谷スカイ特別プレビュー フルバージョン動画

ABOUT THE AUTHOR / 

神崎 洋治
神崎 洋治

神崎洋治(こうざきようじ) TRISEC International,Inc.代表 「Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス」(日経BP社)や「人工知能がよ~くわかる本」(秀和システム)の著者。 デジタルカメラ、ロボット、AI、インターネット、セキュリティなどに詳しいテクニカルライター兼コンサルタント。教員免許所有。PC周辺機器メーカーで商品企画、広告、販促、イベント等の責任者を担当。インターネット黎明期に独立してシリコンバレーに渡米。アスキー特派員として海外のベンチャー企業や新製品、各種イベントを取材。日経パソコンや日経ベストPC、月刊アスキー等で連載を執筆したほか、新聞等にも数多く寄稿。IT関連の著書多数(アマゾンの著者ページ)。

PR

連載・コラム