NTTドコモとタカラトミーが組んでプログラミング教材・STEM教育ロボット「embot(エムボット)」を本格展開へ

タカラトミーとNTTドコモは業務提携契約を締結し、ダンボールで作るプログラミング教育サービス「embot(エムボット)」の共同事業を開始することを発表した。

「embot」はNTTドコモが開発したSTEM教材ロボット。これをタカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」にて2019年11月30日(土)から販売する。価格は税抜き6,000円。タカラトミーモール以外の全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、インターネットショップでの販売は2020年春からを予定。


ものづくりの基礎からプログラミングまで楽しめる「embot」

「embot」は、スマートフォン・ダブレットのアプリと合わせて学習する子ども向けのプログラミング教育用ロボット。ダンボールを用いたロボットを自由に組み立てることで電子工作やものづくりの基礎を学ぶことができ、組み立てたロボットは、ビジュアル・プログラミングの専用アプリを用いて簡単に操作することができる。


プログラミング時はタブレットを推奨

「embot」の遊び方



今回の業務提携は、小学生向けのプログラミング教材の市場で多くの販売実績とユーザーから高い評価を得た「embot」を両社で本格展開していくもの。


自由にカスタムできる「embot」

ドコモはこれまで39worksで事業開発を行い、ユーザーの声を元に改善を繰り返したノウハウを提供するとともに、教育機関との連携を推進する。タカラトミーは自社で培ってきた玩具製品の開発力やノウハウを活用して改良し、「e-Craftシリーズ embot」の商品の製造、玩具流通での販売を行う。


騎士やパンダにもカスタムできる

さらに、共同でプロモーション活動を行うことで、さらなる普及促進に取り組み、個人家庭や教育機関で利用できるプログラミング教材を目指す。

【PV】プログラミング教育サービス「embot(エムボット)」


今後の展開

■新機能や新製品の開発及び製品ラインナップの強化
両社の技術やノウハウを融合した新機能を追加した新バージョン・新製品の開発の検討も開始している。カメラやスピーカーを活用したIoT・高機能化や、ダンボール外装のラインナップ追加などを通じてより楽しく、より幅広くプログラミングや電子工作を学べるシリーズとしての展開を予定。

■地方自治体や教育委員会との連携の推進
2020年度から始まるプログラミング教育必修化に向けて、全国の地方自治体や教育委員会との連携や学校授業のサポートとして、教育ICT環境の整備推進やプログラミング教室の開催などを共同で推進していく。また、教育現場のフィードバックによる「embot」を活用した教材開発や実証実験も実施。

■ドコモショップにおけるプログラミング教室の開催
ドコモは、同社のスマホ教室にて「embot」を活用したプログラミング教室を実施する。プログラミング教室は無料版1回、有料版6回の7つのカリキュラムで子どもの「論理的思考力」 「問題解決力」等のプログラミング的思考を養う。2020年2月より18店舗(関東地区)にて開始し、順次拡大予定。

ドコモスマホ教室とは、、、
スマートフォンを検討中のお客や利用中のユーザーのスマートフォンに対する不安を解消し、スマートフォンの使いこなし方や、楽しみ方を身につけてもらう教室。


関連サイト
タカラトミーモール

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム