「ロビ2」の組み立てワークショップを三越本店で開催 デアゴスティーニとロボユニがコラボ、限定ニットTシャツ付き

日本橋 三越本店は、デアゴスティーニ・ジャパンが販売するコミュニケーションロボット「ロビ2」の組み立て講座を三越本店の新館9階の三越カルチャーサロンにて2020年2月29日(土)より全4回開催することを発表した。1回目の講座では、ロボット用アパレルブランド「ROBO-UNI-ロボユニ」を手掛ける、Rocket Road代表の泉幸典氏が参加する。(1回目から4回目まではデアゴスティーニ・スタッフが講師を担当)

費用は184,800円。自身で組み立てたロビ2は家族に迎える事ができる。また、ここでしか手に入らない限定オリジナルカラーニットTシャツをGETするチャンス。(最終回(4回目)の講座終了時にお渡し予定。)空席は残りわずかとなっている


約250種類の定期講座を開講している三越カルチャーサロン

三越カルチャーサロンでは、「暮らしのひととき」や「新しい体験」を届けたいという思いから多彩な定期講座を開講しており、魅力的な講師陣による講座は約250種類。「バレエ・ダンス・健康」「マナー・ビューティ」「音楽」「美術・絵画」「手芸」「書道」「茶道・香道」「いけばな・フラワーアレンジメント」などなど、幅広い分野から選択できる。

このような大好評の交流の場で、今回は「人とロボットの暮らし」を応援したいというコンセプトのもと、同じ趣味の仲間たちや講師陣と一緒に楽しめる時間、そしてロビ2を家族に迎えるという体験を新たに提供する。

1回目の講座では、ロボット用アパレルブランド「ROBO-UNI-ロボユニ」を手掛ける、Rocket Road代表の泉幸典氏が参加。さらに、スペシャル特典として受講者全員でROBO-UNIが提供する「ロビ公式ニットTシャツ」の限定オリジナルカラーを一つ決めることができる。

関連サイト
三越 特設サイト

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム