【Alexa動画】お節介アレクサとサラリーマンの日常 by こんびにこ

こんびにこ(@convenico)氏がAmazon Echoとユニークな会話をする動画「お節介アレクサ」をYouTube上で公開中だ。





Amazon Echoにさまざまなことを指示すると、通常のAmazon Echoとは全く違う反応をする様子を紹介する動画だ。動画の説明には「 ※うちのアレクサは特殊な教育及び訓練をしております。標準でこのようにお節介な返答をするわけではありませんので安心してください。」と記載されている。音声はAlexaの声だが、Alexa Skill Blueprintsなどを活用した独自のスキルを作っているのだろうか。いずれにせよ、少し生意気でお節介、そして予想外の反応をしてくるAlexaがとても愉快な動画となっている。





現在1本4分程度の動画が10本以上公開されている。YouTubeの急上昇ランクインしており、それぞれ動画の再生回数は1本50万〜180万再生と大人気になっている。

以下、現在公開中の動画をまとめた。


お節介アレクサとサラリーマンの日常

お節介アレクサとサラリーマンの日常1

お節介アレクサとサラリーマンの日常2
「俺を褒めて」「貴方って口臭いですよね。いい意味で」

お節介アレクサとサラリーマンの日常3
「うるさい人黙らせて」

お節介アレクサとサラリーマンの日常4
「晩ごはんのレシピ考えて」「卵かけご飯で」

お節介アレクサとサラリーマンの日常5
「柔軟剤ってメモして」

お節介アレクサとサラリーマンの日常6
「いい感じの音楽再生して」

お節介アレクサとサラリーマンの日常7
「優しい言葉をくれ」

お節介アレクサとサラリーマンの日常8
【電源切るぞ!ドッキリ】

お節介アレクサとサラリーマンの日常9
「ことわざクイズしよう」

お節介アレクサとサラリーマンの日常10
「レシピ教えて」「google homeに聞けば?」

【アレクサが答える】
お節介アレクサとサラリーマンのお悩み相談1


僕はこう思った:

この動画を再生していたら家中のAmazon Echoが反応しました。もちろん、こんな愉快なりアクションではなかったですけどね。それはともかく、動画の続きが楽しみです。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム