AlexaとGoogle Assistant対応 アプリ操作可能なスマートアロマディフューザー「Pium」がクラウドファンディング開始

韓国でディフューザー製品の開発を、ニューヨークでセールスおよびマーケティングを行っているPiumLabs, Inc.は、IoT技術搭載でアプリ操作可能、AlexaやGoogle Assistantにも対応したスマートアロマディフューザー「Pium」(ピウム)の先行予約販売を2020年4月1日よりクラウドファンディングサイト「Makuake」にて開始した。製品は2020年7月末以降発送予定で、Makuakeでは早期予約割引として定価の15~20%OFFのリターンを用意している。
なお、同プロジェクトは2020年5月12日(火)18:00終了予定。





Piumとは

本体に3つのアロマカプセルを差し込んで朝・昼・晩、自分のライフスタイルに合わせて香りを楽しむことができるアロマディフューザー。アプリと接続してすぐにアロマを感じることができ、音声認識で特定のアロマカプセルを噴霧することができるIoT技術を取り入れたスマートディフューザーとなっている。


Piumだけの香り「DAYシリーズ」

心地よく眠りたい時はムスクの香りで、エネルギーや活気を高めたい時はオレンジの花の香りで部屋をいっぱいに。様々なライフスタイルに合わせて3種のカプセルを使ってエネルギッシュな1日を演出できる。現在、同シリーズ以外に新しい香りを4種類開発中で、新規アロマカプセルについてはMakuakeの先行予約販売ページにて応援購入が可能だ。





いつどこでもアプリと接続、手軽にアロマを楽しめる

いつどこでもカプセルの残量確認、スケジュールの指定、香りの強さ調節が可能。退勤前に会社でアロマをセットしておけば、玄関でほのかなムスクの香りを楽しめる。




AlexaとGoogle Assistantにも対応、音声認識でアロマをコントロール

音声認識で特定のアロマカプセルを噴射することができる。音声認識は現在、amazon alexa、Google Assistantに対応、アロマの選択噴霧や噴霧の強度変更などに対応している。




製品スペック

▼ ディフューザー

製品名 スマートアロマディフューザー「Pium」
サイズ W82mm×H186mm
重さ 317g (カプセルを除く)
芳香範囲 50m²
Bluetooth 4.2 (BLE)
Wifi Wi-Fi 802.11 b/g/n (2.4GHz)
入力電源 AC 100-240V, 50-60Hz, 0.8A
出力電源 DC 12V, 2A
FCC認証 2ARWJ-P3001
KC認証 R-C-P5L-P3001
材質 プラスチック

▼ カプセル

モデル名 Pium scent capsule
サイズ W25mm×H75mm
重さ 38g
通信 NFC tag chip
材質 プラスチック
液体容量 20ml

▼ Makuakeプロジェクト

受付期間 2020年4月1日(月)から2020年5月12日(火)18:00まで
配送予定 2020年7月末以降
詳細URL https://www.makuake.com/project/pium/



■【動画】PIUM – The future of home fragrance

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム