小さなしっぽロボット「Petit Qoobo」(プチ・クーボ) 予約販売の受付開始!音に反応し、耳を当てると鼓動を感じる生きもの感

ユカイ工学はしっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」(クーボ)の新しい仲間、まるで生きものみたいな小さなしっぽロボット「Petit Qoobo」(プチ・クーボ)の予約販売の受付を6月1日(月)より開始したことを発表した。価格は9,900円(税込)。いま申し込むと、予約特典として送料が無料になり、プチギフト(詳細は不明)がついてくる。発送は2020年11月を予定。

Petit Qooboはクラウドファンディング「CAMPFIRE」で、目標金額を大きく超えた2671%(支援総額13,359,080円)を達成した大人気のヒット作品。カラーバリエーションは柔らかい色合いのグリ(灰)、マロン(茶)、ノワール(黒)、ブラン(白)の4色が用意される。




周囲の音や声に反応してしっぽを振ったり驚いたり

Petit Qooboはしっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」のひとまわり小さいサイズのしっぽロボット。Qooboと同じ様に撫でるとしっぽを振って応えてくれるのはもちろん、周囲の音や声に反応してしっぽを振ったり、驚いたり。そっと抱き寄せると、トクトクと鼓動を感じたり。とどこか幼くて元気な小動物感のあるロボットへと進化している。


左がQoobo、右がPetit Qoobo。「Petit Qoobo」のみ音に反応したり、鼓動を感じたりする

Petit Qooboのサイズ感

Petit QooboはQooboユーザーの「ちっちゃいQooboがいたら、いつでもどこでも一緒にいたい」という声をきっかけに「連れて歩きやすいサイズ感」、そして、まるで小動物のような動きや存在感を目指して開発をスタート。



「CES2020」で初お披露目し、The Verge、CNN、TechCrunch、Engadget、Reuters、New York Postなど、45以上の国内外メディアへの掲載や来場者より多くの注目を集めた。




クラファンでは目標金額を大きく超えた2671%達成

同年の3月27日(金)にはCAMPFIREでクラウドファンディングを開始し、わずか43分で目標金額50万円の100%を達成。その後、45日間で目標金額を大きく超えた2671%(支援総額13,359,080円)に到達。1330名の支援者を集め、5月10日(日)に終了した。


ユカイ工学は発売に向け、新しいしっぽの癒やし体験をお届けできるよう、開発・製造を進めていくとしている。なお、予約は日本のみ受付開始。海外への展開は準備中。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム