国際ドローン協会 都心部の擁壁調査にドローンを使用 合計200ヶ所を30⽇間かけて実施

⼀般社団法⼈国際ドローン協会は2020年1⽉下旬〜2⽉下旬にかけて、都心部の合計200ヶ所における擁壁調査にドローンを使⽤して⾏ったことを発表した。都⼼部での⾶⾏許可の取得および、安全に配慮したドローンの操縦、調査は⽇本初の事例となる。

従来の擁壁や法⾯調査では専⾨家が1ヶ所ずつ⽬で⾒て調査してデジタルカメラで撮影するというやり⽅だった。しかしこの⽅式では時間がかかりコストもかさむことや少⼦⾼齢化による専⾨技術者の減少が問題になっていた。そこでより工期を短縮し、コストを抑えて調査を実施できるドローンを利⽤した調査が求められている。


繊細な操縦が求められる

Matrice210RTKを利用しての調査

今回の調査は⾼性能カメラおよび、⾚外線カメラを利⽤。株式会社Tokyo Robot Technologyと協⼒して30⽇間かけて実施した(踏査期間を含める)。


夜間の外壁調査

使用した機材は「Matrice210RTK」「Inspire2」「Mavic2 Pro」「Zenmuse X7」「Zenmuse XT2」。


Matrice210RTKを利用しての調査

Mavic2 Proも使用


一般社団法人国際ドローン協会(IDA)

ドローンを通じて関わる人の人生を豊かにすることを目的とし、コミュニティーづくり定期講習会・実技演習、スクール、ドローンを使ったビジネスの促進を行なっている。また、最高のクオリティを求められるユーザーを対象に、空撮や点検、測量等の事業も行っている。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム