ZMP「首都高速」全線の自動運転データを販売開始 走行時間15時間以上、走行距離約327キロ、データ量2.5TB以上

自動運転車の開発に向けて、特定の道路や地域の自動運転データの販売は、今後新しいビジネスモデルとして注目されそうだ。

株式会社ZMPは首都高速道路全線(約327.2km)走行時のカメラ映像・LiDARデータ・車両情報等からなる自動運転AI用データセットの販売を開始することを発表した。
同データセットはこれまで走行データ取得ソリューションRoboTestが提供してきた数々のサービスノウハウを詰め込み、厳選した走行ルート、走行シーン、車体情報、周辺環境情報をピックアップし、RoboTestCarを走行させて取得したもの。走行時間15時間以上、走行距離約300キロ、データ量2.5TB以上の豊富なデータ量で、データ分析、機械学習や開発用に利用できる。価格は200万円(税抜 *今後予告なく変更となる場合がある)。納品開始は2020年9月末から。

RoboTest Carイメージ写真


提供データとフォーマット

提供データには車両の前方・後方・左右サイドミラーに設置したカメラの動画データ、GPS・IMUデータ、温度・湿度・照度データ、ステアリング角度や車速等の物理値に変換した車両CANデータ、車両上部に搭載した3D-LiDARを活用した距離情報や点群データ・物体認識結果が含まれる。

前方カメラ

後方カメラ

左側方カメラ

右側方カメラ

LiDAR物体認識ソフトによる解析データ

取得フォーマットは以下の通り。

・前方・後方・左側方・右側方カメラデータ:AVI
・GPS・IMUデータ:CSV
・温度・湿度・照度データ:CSV
・車両CANデータ(車速、ステア、アクセル、ブレーキ等):CSV(物理値変換後データ)
・距離データ(LiDARデータ):ROSBAG(点群・物体認識あり)


走行データ取得ソリューションRoboTest

ZMPは自社の自動運転技術開発とテストの経験を活かし、2012年より公道におけるドライバーによる走行時のデータ取得支援サービスを実施している。同サービスは走行に必要なドライバー集めや管理を行うだけでなく、走行データ取得に必要なシステム(ロガー)の設計や構築などの上流工程、そして車両の手配と必要な設置・改造、および取得後のデータ処理まで一気通貫で実施することで、顧客が手間を大幅に削減できる。

<RoboTestサービスの内容>
1.走行データ取得のコンサルティング
2.データ計測システムの開発(ハードウェア、ソフトウェア ※システムのみの提供も可)
3.各種センサー、電源装置の車両取付
4.ドライバーの募集と管理、データ取得の運用マネジメント
5.データ後処理(タグ付け、フォーマット変換等お客様要求仕様にあわせて)
6.取得データの分析と報告
7.データ分析・解析アプリ(RoboDataPlatform)の提供

関連サイト
RoboTest

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム