東野幸治さん著者の『この素晴らしき世界』がAmazonオーディオブック「Audible」に登場 読み手は後輩の大地洋輔さん

世界最大級のオーディオブック及び音声コンテンツ制作・配信サービスであるAmazon オーディオブック「Audible」(オーディブル)と吉本興業株式会社は、東野幸治さんの“芸人イジり”エッセイ『この素晴らしき世界』を8月21日(金)より配信を開始することを発表した。

同作品は2020年2月27日に刊行された、お笑い芸人 東野幸治さんの約2年間にわたる「週刊新潮」の連載をまとめたもの。吉本興業に属する芸人たちの普段は知ることができない裏話を、毒を吐いても嫌われない、東野さん独自の視点で書き下ろしている。合わせて極楽とんぼ加藤さんに関する単行本用の書き下ろし、キングコング西野さんによる“東野幸治論”も収録されている。

オーディブルでの読み手は、東野さんの後輩芸人でもありプライベートでも交友のある、ダイノジの大地洋輔さんが挑戦。芸人ならではのユーモア溢れる朗読で、聞き手を笑いの世界に引き込む。今回の収録に際し、東野さんと大地さんは以下のようにコメントしている。

■東野幸治さん

「大地くんに真面目に読んでいただきました。すごく聞きやすいので、是非聴いてください!」

■大地洋輔さん

「今回この話を頂いた時は凄く凄く嬉しかったです。ところが、いざスタジオに入って読み始めたら、無茶苦茶大変でした!!芸人さんのエピソードを笑いを堪えながら読むのが本当にツラい!それくらい面白い本です! きよし師匠の収録の話や、坂田師匠の入院の話や、リットン調査団の水野さんのロケの話などは堪えきれず、何度か収録を中断したくらいです。そんな、芸人さん達を東野さん流に愛情たっぷり(程よい悪意入り)で綴ってます。皆さん是非聴いてください!」


Audible(オーディブル)とは

Amazonオーディオブック「Audible」は、いつでもどこでも耳で読書ができるサービス。プロのナレーターによって読み上げられた本を音声で聴くことができ、スマホでのオフライン再生も可能。通勤時間や家事の合間、お休み前など、日常のあらゆる時間に読書を取り入れることができる。日本最大級の約40万タイトルをラインナップし、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・英会話・洋書まで、豊富なジャンルを取り揃えている。芸能人・著名人による声の出演など、Audibleでしか聴けないプレミアムなコンテンツも楽しむことが可能。現在、米・英・独・仏・豪・日・伊・加・印の9か国で展開し、すでに世界で何百万人もの人々が利用。海外では一般的なコンテンツとして広まっている。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム