ビットキーがパナソニックとIoT宅配ボックスを共同開発し、ソフトバンクの実証実験に供給 将来的にはサブスクで展開

デジタルキープラットフォーム開発の株式会社ビットキーはIoT宅配ボックスをパナソニック株式会社と共同開発し、ソフトバンク株式会社が2020年度中の事業化を目指すIoT宅配ボックスサービスの実証実験に供給することを発表した。将来的にソフトバンクのサービスとして、初期費用不要のサブスクリプションモデルにてユーザーに展開することを目指す。


ソフトバンクが自社の社員を対象に実証実験

近年、物流業界では労働人口減少により配達員が不足する一方で、EC拡大により宅配便の取扱個数が増加し、高い再配達率(2019年10月期は15%)が深刻な課題となっている。また新型コロナウイルスの影響拡大により非対面での受け取りニーズが拡大(約70%の人が「非対面がよい」と回答 ビットキー調べ)する中で、「置き配」の普及に伴う盗難被害なども問題視されるようになり、防犯性に優れた宅配ボックスの需要が高まっている。

今回ソフトバンクが取り組む実証実験では、ソフトバンクが自社の社員を対象に簡易設置型IoT宅配ボックスおよび専用アプリを提供し、システムの実用性やユーザーの利便性を検証する。専用アプリでは宅配ボックスの解錠や荷物の配達日時・状況の確認を行うことができる。



ビットキーは今後も、スマートロック「bitlock」シリーズや宅配ボックスに限らず、あらゆるモノ・サービスなどがつながるなかで、安全性を保ちながら、便利で気持ちよい体験を提供していくとしている。


今回の実験で使用されるIoT宅配ボックス特長

・Bluetoothによりスマートフォンから解錠可能
ビットキーが開発・特許を取得したデジタルキープラットフォームbitkey platformを活用することで、高セキュリティなデジタル認証が可能となり、宅配ボックスの開閉における高い安全性を実現。

・工事不要で簡単設置
ユーザー自身で簡単に設置ができる接着施工を採用し、既築住宅への後付け設置が手軽に行える。電動工具を使用せずにしっかりと固定でき、盗難や強風などによる転倒も防ぐ。



・高い耐久性・耐候性を実現
最適なリブ設計によって高い耐衝撃性と耐荷重性を実現した構造と耐候性に優れる樹脂の採用により、高い耐久性を実現。





株式会社ビットキーについて

株式会社ビットキーは認証・認可、ID連携、分散システム、暗号化技術などを研究し、独自に組み合わせて応用・開発したデジタルキープラットフォーム「bitkey platform」をもとに、世界中のあらゆるものを柔軟につなぐことを⽬指すスタートアップ。bitkey platformを応⽤したスマートロック「bitlock シリーズ」は単にカギをデジタル化するのではなく、各事業者とつながることで、不在時でも宅配・家事代行・クリーニングといった多種多様なサービスの利⽤を可能にする。シリーズ代表製品bitlock LITEは2019年12月にスマートロック国内累計販売台数調査でNo.1を獲得。2020年中にシリーズ累計で100万台の受注を⽬指す。

関連サイト
株式会社ビットキー

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム