人型ロボット「CRUZR」とAIチャットボット「ObotAI」の連携 都市型複合施設のニューノーマル実現に向けて「Tokyo Robot Collection」

株式会社ObotAIは、東京都が実施する「Tokyo Robot Collection」の都市型複合施設のニューノーマル実現に向けた実証で使用されているヒューマノイドロボット「CRUZR」(クルーザー)に、AIチャットボット「ObotAI」(オーボットエーアイ)を導入したことを2020年9月14日に発表した。この実証は、同ロボットの日本における販売代理店である電通テックが、東京都より採択されたもので、同社は、小売業に特化したPOS・CRM・MDシステム・パッケージを開発する株式会社ヴィンクスを通して今回の導入を行った。



コロナ禍のニューノーマルに向けたロボット導入

新型コロナウイルス感染症の影響により、人と人との接触を減らし、感染症リスクを低減することが強く求められてると同時に、人口減少や、超高齢化社会の到来といった課題、国際情勢においても都市間競争の激化等の課題もあり、安心・安全かつ持続可能な発展のためのニューノーマルが求められている。
この流れより、都市型複合施設においては、業務の自動化や効率化、ビジネス環境を向上させることによる国際競争力の向上等に、ロボット活用が期待されている。
同実証は、オフィスビルの商業エリアにおいて、最先端技術により非接触・非対面・遠隔でのサービス提供を行う等、オフィスワーカーや施設利用者、テナントや施設運営者が、安心で効率的かつ豊かな活動ができるニューノーマルを実現するため、スマート化を推し進めることを目指して実施される。

実証イメージ:(写真提供元:https://www.ubtrobot.com/products/cruzr?ls=en)



ポートシティ竹芝及びその周辺エリア

同エリアは、エリア活性化や課題解決を目指すスマートシティの構築に向け最先端のテクノロジーの活用を推し進めている。東京ポートシティ竹芝は、スマートなライフスタイルをコンセプトとしたレジデンスタワーと、スマートビルであるオフィスタワーからなる大型複合拠点となっており、都市型スマートビルの新しいモデルとなるオフィスタワーは、2020年9月14日開業予定だ。

ポートシティ竹芝オフィスタワーに並べられた「Tokyo Robot Collection」の参加ロボットたち

リアルタイムデータと最先端のテクノロジーを活用することで、感染症リスクの低減、混雑回避や利便性向上、快適な行動支援、効率的なビル管理、テナントのマーケティング支援等を実現し、ニューノーマルな働き方、施設利用、施設管理を提案している。



▼ 同実証の概要

実証時期 2020年9月14日(月)~9月17日(木) 10:00~18:00
実証フィールド 東京ポートシティ竹芝オフィスタワーの低層フロア(商業ゾーン・スキップテラス等)
※一般の人も利用可能なエリアが含まれている




多言語AIチャットボット ObotAI

ObotAIは、AIを組み込んだ最先端の多言語対応チャットボットだ。豊富な7言語(日本語、英語、中国語繁体字・簡体字、韓国語、タイ語、ロシア語)に対応しており、社内に在籍する各国のネイティブスタッフが外国語のデータ入力を手厚くサポート。機械翻訳ではない流暢な会話を実現し、外国人ユーザーにも快適なサービスを提供できる。


ObotAIの特徴

● 多彩なユーザーインターフェースと連携が可能
● 専用の管理ツール(CMS)により、通常3ヶ月かかるサービス導入をわずか1ヶ月で実現
● クライアントのニーズにあわせた導入しやすい価格帯


ObotAIの導入により期待できる効果

● 顧客や社内の問い合わせ対応を一部自動化することで、業務効率化とコスト削減を実現
● 24時間365日の対応により、機会損失を防ぎ販売促進を向上
● 多言語対応により、海外からの顧客へスムーズな案内を実現
● 業務マニュアルの共有や社内情報の整理、外国人スタッフへの対応に貢献
● 災害時に必要な情報を多言語で即時提供することで混乱を防ぎ、最適な初期対応を実現


対応ユーザーインターフェース
・WEBチャット ・LINE ・Facebook Messenger ・WeChat ・KakaoTalk ・Skype・Slack ・Chatwork ・InCircle ・Microsoft Teams ・Hangouts Chat ・各種AIスピーカー(スマートスピーカー) ・デジタルサイネージ ・Gatebox(最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせたキャラクター召喚装置) ・IoT

■【動画】ObotAI 展示用_ロングVer.




ヒューマノイドロボット「CRUZR(クルーザー)」

「CRUZR」は、省人化/省力化や非接触でのサービス提供の実現を目指して、中国の深センにある人工知能のユニコーン企業であるUBTECH社が開発したヒューマノイドロボットだ。電通テックが日本における販売代理店として、国内でのサービスを展開。株式会社ObotAIによる多言語AIチャットボット「ObotAI」を搭載し、来客者からの質問に即座に回答できるAIチャットボットを設置することにより、利便性の高いスムーズな対応を実現した。

Tokyo Robot Collection
http://www.tokyo-robottech.tokyo/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム