JR東日本グループとスタートアップとのマッチング!事業連携を推進するオンラインイベント「STARTUP PITCH」初開催

JR東日本グループが抱える課題を提示して、優れたアイデアや先端技術を持つスタートアップとのマッチングを推進するオンラインイベント「STARTUP PITCH」が2020年9月28日(月)に開催される。主催はJR東日本スタートアップ株式会社。参加費は無料。

JR東日本スタートアップと言えば、高輪ゲートウェイ駅構内でついに実現した無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」、武蔵小金井駅構内の立ち食いそば店に設置したコネクテッドロボティクスの「駅そばロボット」、「未来の駅」を体験できるイベントとして大宮「STARTUP_STATION」(QBIT Roboticsの最先端AI技術を使った「無人ロボットパスタカフェ」など)、新技術を実践で活用したり、実証実験の場を提供するなど、スタートアップやベンチャー企業の支援を積極的に行ってきた。

記念すべき第1回目の今回は、駅ビル「グランデュオ」を運営するジェイアール東日本商業開発株式会社の本社営業開発部 部長 藤間 勉(ふじま つとむ)氏を招き、駅ビルをアップデートするためにWith/Afterコロナ時代のソリューションとは何か、抱えている課題や悩み、今後取り組みたい事例などを紹介。イベント後には、参加者が事業提案できる応募フォームが送られる。

JR東日本グループのアセットを活用して実証実験に取り組みたいスタートアップ企業、事業拡大先を探しているスタートアップ企業、商業施設の課題を知りプロトタイプを構築したい、など様々な参加者を募集。

【申し込みフォーム】
https://zoom.us/webinar/register/WN_bzjLzVQjS-2yA7u5BxzghQ

【こんな方におすすめのイベント】
JR東日本グループとビジネスに取り組みたいスタートアップ企業

【ゲスト紹介】
藤間 勉 氏(ふじま つとむ)

ジェイアール東日本商業開発株式会社
営業開発部 取締役営業開発部長

1971年 東京生まれ
1995年 東日本旅客鉄道株式会社入社 高崎支社にて駅員・車掌業務
1999年 株式会社目黒ステーションビル(現:株式会社アトレ) 駅ビル運営・改装
2005年 株式会社アトレ エキナカ「Dila」開発・PM運営
2010年 株式会社ジェイアール東日本青森商業開発 A-FACTORY開発・駅ビル運営
2018年 現職

【モデレーター】
阿久津 智紀 氏(あくつ ともき)

JR東日本スタートアップ株式会社 マネージャー/株式会社TOUCH TO GO 代表取締役

【イベント概要】
日時:2020年9月28日(月) 19時20分 開演 / 20時00分 終了予定
会場:オンライン(ZOOM)
参加費:無料

【スケジュール】
19時20分 〜 開演・ご挨拶
19時25分 〜 トークセッション
19時40分 〜 QAセッション(質疑応答)
19時55分 〜 ご案内
20時00分   終了
※スケジュールや内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。 

【主催】
JR東日本スタートアップ株式会社

【登壇会社】
ジェイアール東日本商業開発株式会社
ジェイアール東日本商業開発株式会社は、「グランデュオ」の屋号で立川駅、蒲田駅にて営業しています。1999年4月に、出資者でもある阪急百貨店(エイチ・ツー・オー・リテイリング株式会社)とともにJR東日本初の百貨店を開業。2008年には「サンカマタ」、「パリオ」を運営していた蒲田ステーションビル株式会社を吸収合併し「グランデュオ蒲田」を開業しました。“お客様の「いつも」に新しい価値を創造する”を理念に掲げ、その実現に向け、お客様に「よりそう」ことをビジョンに日々運営しております。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム