Appleが球状型のスマートスピーカー「HomePod Mini」を発表 Apple S5チップを搭載し、豊かで繊細な音響体験を実現

Apple(アップル)は10月14日に開催した「Apple Event」にてメッシュ生地で覆われた球状型のスマートスピーカー『HomePod Mini』(ホワイトとスペースグレイの2色)を発表した。価格は10,800円(税抜)。11月6日より受注開始、11月16日に発売する。



サイズは高さ84.3mm、幅97.9mm。重量は345g。音楽を聴くための圧倒的なサウンド、家族の一人ひとりにパーソナルな体験を提供する世界最高レベルの賢いアシスタント、プライバシーとセキュリティに配慮して設計されているなど、スマートスピーカーに求めるすべての機能を備えている。


HomePod miniの上部にあるTouchサーフェスでは、曲の再生、一時停止、スキップ、音量調整を行ったり、Siriに話しかけることができる。


豊かで繊細な音響体験を実現

HomePod miniはApple S5チップを搭載し、先進的なソフトウェアと連係して音楽のユニークな特性を解析、複雑なチューニングモデルを適用して音量を最適化、ダイナミックレンジの調整を行い、そしてドライバーとパッシブラジエーターの動きをリアルタイムで制御する。このコンピュテーショナルオーディオによって豊かで繊細な音響体験を実現している。



Appleが設計したフルレンジドライバーはネオジム磁石と一対のフォースキャンセリングパッシブラジエーターを備え、深い低音域とクリアな高音域を実現

HomePod miniはHomePodと同じ音響原理を採用。Appleが設計したアコースティックウェーブガイドを搭載し、音の流れをスピーカーの底部に導き、底部から音を響かせることで、360度の臨場感あふれるオーディオ体験を実現している。

音楽再生時の音声検出精度も向上

HomePod miniはApple MusicとPodcast、そしてiHeartRadioやradio.com、TuneInなどのラジオステーションに対応しており、PandoraやAmazon Musicなどの人気の音楽配信サービスにも今後数か月の間に対応する予定。複数のHomePod miniスピーカーを使用すると、完璧に同期した状態で、音楽やPodcastを複数の部屋にストリーミングすることができる。また、1つの部屋に2台のHomePod miniを置いてペアリングさせると、ステレオペアを作ることが可能。




パワフルで賢いアシスタント

Siriの知能によりHomePod miniはユーザー好みにパーソナライズされていく。Siriは誰が話しているのかを認識し、音楽やPodcastを好みに合わせて調整したり、メッセージ、リマインダー、メモ、カレンダーの予定へのアクセス、電話の発信や応答などのパーソナルなリクエストに対応することができる。また、Siriに「今日はどんな日?」と一言リクエストするだけで、最新のニュース、天気、渋滞情報、リマインダー、カレンダーの予定を聞くことができる。



HomePod miniは、あらゆるApple製デバイスと自在につながるため、iPhoneにかかってきた電話に出たり、Macで再生している音楽を聴いたり、Apple TVのサウンドを次のレベルに引き上げてテレビの体験を進化させるといったことが可能。iPhoneで音楽を聴いている時は、HomePod miniにiPhoneを近づけるだけで、途切れることなくシームレスに音楽を引き継ぐことができる。

この体験は2020年末までにはさらに良くなり、デバイスから別のデバイスにサウンドが転送される際に視覚的、聴覚的、そして触覚的な効果が得られるようになるという。また、iPhoneをHomePod miniに近づけるだけで、好みに合わせたリスニング提案が自動的にiPhoneの画面に表示されるようになり、iPhoneのロックを解除せずに、すばやくコントロールできるようになる。


iPhone 12をHomePod miniに近づけているイメージ。HomePod miniはApple製デバイスと自在につながるので、シームレスに音楽を引き継いだり、好みに合わせたリスニング提案をiPhoneで自動的に受け取ることができる。



スマートホームを簡単にコントロールできる

HomePod miniではSiriへの簡単な音声コマンドだけで、消灯、室温の調整、ドアの施錠、シーンの設定など、スマートホームアクセサリをより簡単にコントロールできる。設定はHomePod miniがホームアプリに自動的に追加されるため簡単。HomePod miniを家のハブにすれば、外出先からHomeKit対応アクセサリを操作することもできる。





自分の声を家中に届ける「インターコム機能」

新しいインターコム機能は別の部屋や特定のエリア、家中の複数の部屋でも、一人の人が1つのHomePodから別のHomePodにインターコムのメッセージを送ると、その音声が指定したHomePodで自動的に再生される。インターコム機能はiPhone、iPad、Apple Watch、AirPods、CarPlayに対応しているため、家族の誰もが、インターコムの通知を受信したり、庭からでも帰り道でもインターコムのメッセージを送信することができる。


HomePod mini、iPad Pro、Apple Watch Series 6、AirPods、iPhone 12でのインターコム機能のデモ。インターコム機能を使うと、家族同士が1台のHomePodから別のHomePodに、またはiPhone、iPad、Apple Watch、AirPods、CarPlayとの間ですばやく簡単にメッセージを送ることができる。



プライバシーとセキュリティに配慮した設計

HomePod miniでは「Hey Siri」という言葉がデバイス上でローカルに認識されるか、ユーザーがタッチでSiriを起動するまで、情報がAppleのサーバーに送信されることはない。リクエストはユーザーのApple IDと関連付けられることはなく、個人情報が広告主やその他の組織に販売されることもない。HomePod miniはiPhoneと連係してメッセージやメモの聞き取りなどのリクエストを受けるが、すべてデバイス上で処理するため、Appleに情報を知られることはない。





その他の機能

・iPhoneやiPadで作成したSiriショートカットにHomePod miniでアクセスできるため、HomePod miniのSiriにも、コーヒーの準備、ロボット掃除機の操作、買い物リストへの牛乳の追加などをリクエストすることができる。

・雨音、暖炉の音、小川のせせらぎなどの環境音は、集中したい時やリラックスしたい時、または眠る時に最適な周囲のノイズを提供。サウンドが自動的に停止するようにSiriでスリープタイマーを設定できる。

・「探す」は置き忘れたiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple Watchを見つけることができ、サウンドを鳴らして場所を特定することができる。

・HomePod miniでのウェブ検索の結果を、iPhoneに直接送信して簡単に見ることができる。

・ミュージックアラームを使うと、Apple Musicのお気に入りの曲、プレイリスト、またはラジオステーションを聞きながら目覚めることができる。

関連サイト
HomePod Mini

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム