Alexaアプリ/スキルで注文・決済、自走型ロボットが案内・接客 リアルとデジタルの融合店舗「AZLM connected store」オープン

AIソリューションを提供する株式会社ヘッドウォータースは、次世代型商業施設プロデュースを提供する株式会社コルレオーネ・インベストメント・ジャパンがプロデュースする新たな体験型店舗「AZLM connected store(エイゼットエルエム・コネクテッドストアー)」、ストアDXにおけるテクノロジー提供を行った。

同店舗は、アパレルや服飾雑貨、インテリア雑貨、食品、コスメなど約200~300種類の商品を揃える期間限定の「新たな気づきをもたらす」をテーマにした体験型店舗だ。
「Amazon Pay」を活用したボイスコマース体験や、スマートフォン・スマートスピーカーによる商品説明、 自走型のパーソナルロボット「temi」によるリモート接客など、時代にマッチしたサービスを提供。完全キャッシュレスの支払いを実現し、スマホひとつで気軽にショッピングを楽しめる上、大きな商品は自宅への発送も可能となっている。



今後、同社は、コルレオーネ社と共に店舗運営を通して利用データの分析を行い、お客様がより利用しやすく楽しいと実感して頂けるよう様々なパートナーと協力して利便性を更に高めたスマートストアをオープンしていくと述べている。また、ストアに誰でも出品が可能となるプラットフォーム化、配送コストの低減施策、ストアアナリティクスを向上させるフルIoTストア化の提供を行っていく予定だ。



▼ ショップ情報

店舗名 AZLM connected store(エイゼットエルエム・コネクテッドストアー)
オープン日 2020年11月16日(2021年1月29日までの期間限定)
住所 〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸 1-5-1 ジョイナス 4F
営業時間 10:00~21:00
その他 店内で購入を体験した人全員に、ジョイナス内カフェ店舗(1F以上のみ)で使用できる、割引クーポンをプレゼント。(※数量限定、なくなり次第終了)
「AZLM」店舗URL:https://www.mujin-ai.com/azlm





ボイスコマース型モバイルオーダーペイの特長

ユーザーはスマートフォンでAmazon AlexaアプリのAlexaスキル「AZLM CONNECTED STORE」を有効化し、「アレクサ、コネクテッドストアを開いて」と話しかける事で、「AZLM connected store」に展示されているアイテムの説明を聞いたり、Amazon Payと連携する事でそのままアイテムの注文・決済を行う事ができる。注文が完了すると店頭スタッフへ自動的に通知が行われ、登録されている住所に配送される。また、オープン特典のクーポンと交換ができる引換券の発行も行う。アイテムはリアル店舗とデジタル上でタグナンバーを紐づけており、誤認識率を低減。ユーザーはストアでアイテムの実物を見た後に、音声だけでECサイトのように買い物ができ、荷物を持つ負荷から解放されるだけでなく、店舗運営企業は完全キャッシュレス対応によりスタッフの労力低減に繋げる事が可能となる。

■【動画】connected_store_注文フロー

■【動画】connectedstore_alexaスキル_紹介フロー

■【動画】connectedstore_Alexaスキル:クーポン引換券3パターン




自走型パーソナルロボット「temi」を利用したリモート接客について

パーソナルロボット「temi」は、自動的に障害物の回避を行ったり、地図を作成して目的地登録を行うほか、自動運転によるナビゲーションや案内もできる。「temi」をストアに複数台設置し、遠隔操作とリモート接客を行う。店頭スタッフが来店者の動きを見てリモコンのように同ロボットを動かす事もできるが、temiでビデオ通話を起動し、スタッフが在宅勤務環境からリモートで接客を行ったり、出品者であるメーカーが離れた場所からでも自ら商品説明を行う事で、コロナ禍におけるストアビジネスの新たな働き方の選択肢となる。

■【動画】connected store_temi_SLAM_image


temi – the personal robotとは

株式会社hapi-robo stが提供するtemiは、世界のどこからでも「自らがあたかもそこにいるように」コミュニケーションすることを手伝う、AIアシスタンス機能を持った自律走行できるパーソナルロボットだ。同ロボットは、異なる16のセンサーを駆使して、スムーズな自律走行が可能。リアルタイムに顔を認識したり、障害物の回避を行ったり、ユーザーについていったり、その場で地図を作成して地点登録したり、自動運転によるナビゲーションや案内もできる。また、対話型・⾳声操作に対応したスマートスピーカー(AI アシスタント機能)が実装されており、情報の検索や家電連携(IoT)、ビデオ通話、⾼⾳質なスピーカーによるメディア再⽣などが簡単に出来る。



ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム