コロナと闘う製造業へ応援キャンペーン JAKA Roboticsの協働ロボット3製品を標準価格の20%offで提供 IDEC

協働ロボット.comを運営するIDECファクトリーソリューションズは、システムインテグレーションパートナーを務める協働ロボットJAKAの日本国内総代理店、進和株式会社との共同企画により、Withコロナ応援キャンペーンを実施することを発表した。

同キャンペーンではJAKAの「JAKA Zu7」(7kg可搬)、「JAKA Zu12」(12kg可搬)、「JAKA Zu18」(18kg可搬)の3製品を標準価格の20%offで提供する。対象期間は2021年1月1日〜2021年3月31日。


協働ロボットの導入を支援

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、人と人の適切な距離の確保が必要となり、製造現場での協働ロボット導入が進んでいる。導入費用は協働ロボットの進化とともに年々低減化の傾向にあるが、まだまだ用途によっては導入のハードルが高いのも事実。また、新型コロナ感染症の影響が長引く中で企業によってはコロナ対策にも限界があり安定的な生産活動に支障をきたしている、そんな声もあるという。

IDECファクトリーソリューションズは協働ロボット導入を検討中のユーザーを支援するため、日本国内総代理店である進和株式会社と連携し、システムインテグレーションパートナーを務める協働ロボットJAKAを期間限定で標準価格の20%offにて提供する。


お問い合わせ
1.価格につきましては、下記営業担当までお問い合わせください。
東日本エリア担当:上田 shigeo.ueda@idec.com
西日本エリア担当:古澤 daiki.furuzawa@idec.com

2.キャンペーン価格適応台数には限りがございます。ご注文前に必ずご確認ください。

3.納期については、ご注文後約1.5ヶ月〜2ヶ月程度を予定しております。


JAKA Roboticsについて

協働ロボットメーカーの「JAKA Robotics」は2014年に中国で創業。上海交通大学ロボット研究所が1979年以来培ってきたコア技術および研究開発を受け継ぎ、ロボット開発分野における権威的な専門家10名以上および経験豊富な技術者100名以上によって強力な研究開発チームを結成。その後、ドライブ・コントロール・インテグレーション、インテグラル・ジョイント、フリードライブ・プログラミング、ワイヤレス・コネクションなど複数の応用分野で画期的な実績を打ち立て常にロボット開発のトレンドをリードしてきた。



JAKA Roboticsは「ロボットにより人間の両手を自由にする」ことをミッションに掲げ、ひたむきな、専門的な、独創的な精神を貫き、知恵の火種を世界の隅々へ送り届け、さまざまな企業がインダストリー4.0時代に円滑な事業展開ができるようサポートしている。


IDECファクトリーソリューションズ株式会社について

IDECファクトリーソリューションズは東証一部上場、IDEC株式会社のグループ会社で愛知県一宮市を拠点にロボットシステム事業、FAシステム事業社会・インフラ事業、図書館事業を柱にユーザーの課題解決に最適なソリューションを提案・提供している。ロボットシステム事業は2016年より本格的に始動。IDECグループのロボットシステムインテグレータとして、日本を代表する自動車メーカーや部品製造メーカーなど、多くの製造業へ協働ロボットシステムやロボット周辺機器を納入している。

愛知県一宮市と東京都品川区には協調安全ロボットテクニカルセンターを設け、取り扱う協働ロボットや周辺機器のデモンストレーション展示のほか、ユーザーのワーク検証やセミナーを実施している。また協働ロボットに関する情報を提供する「協働ロボット.com」を運営、協働ロボットに関する入門的な情報から具体的な導入を検討するために必要な専門情報まで、幅広い情報を提供している。

関連サイト
協働ロボット.com

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム