レベル4の自動運転技術を搭載した屋外用掃除ロボット「viggo(ヴィーゴ)」道路などの掃除/吸塵/ゴミ収集/水巻きに対応

viggo(ヴィーゴ)はidriverplus社(智行者)が開発した屋外で使用可能な自動掃除ロボット。レベル4自動運転技術を搭載し、道路上の掃除、吸塵、ゴミ収集、水巻きなどの作業を行える。自動車の自動運転技術と同様にGPS+RTKを用いて、屋外でもロボットの位置誤差を5㎝以内にキープすることができ、障害物避けには米国製トップクラスベロダイン社のLiDarを2つ搭載。viggoの安心安全な走行をサポートしている。




屋外用掃除ロボットviggoは晴天の日中のみならず、小雨、小雪の天気でも自動掃除を実行することができ、夜間でも照度50ルクス街灯があれば走行可能。




日本国内で総代理店を務めるテクトレ株式会社はviggoの発売と同時に、国内の企業にLADSパッケージを提供し、様々な低速自動運転技術を応用した製品の開発をサポートして行く予定。また、2021年2月より、無料レンタルを実施する。1企業に付き、1ヶ月間のみ、本体レンタル費用無料で試用できる。




■サンプル映像

関連サイト
テクトレ株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム