【国内初】 ZMP自動宅配ロボット「デリロ」が10店舗の商品を対象顧客にデリバリー 佃・月島エリアで実証実験

ZMP、ENEOSホールディングスおよびエニキャリは東京都中央区佃・月島エリアにおいて自動宅配ロボット「デリロ」を活用したデリバリー実証実験を2021年2月8日~2月26日の間に実施することを発表した。


デリバリーインフラの構築に向けた実証実験

実証実験ではENEOSとエニキャリが共同構築する受注・集荷・決済等のプラットフォームを通じて、対象となる住民からの注文を受けると宅配ロボット「デリロ」等を活用した配送を行う。また、ロボットの充電・デリバリー拠点として、東新エナジーの協力のもと同社が運営する「Dr.Drive月島SS」にZMP製の自動宅配ロボット「デリロ」を配備する。飲食店やコンビニなど複数店舗の商品を自動宅配ロボットでデリバリーする取り組みは、国内初。


公道を走行する自動宅配ロボット「デリロ」

Dr.Drive月島SSに停車している自動宅配ロボット「デリロ」

配送先となるのは東京都中央区佃のマンション3棟 リバーポイントタワー/シティーフロントタワー/スカイライトタワー。実証期間は2021年2月8日~2月26日。営業時間帯は12時~14時半、17時~19時半。雨天の場合は、ロボットによるデリバリーは行わない。


注文可能な小売店10店舗

ロボット宅配の利用手順


商品受取(QRコードによる開錠及び受取)

商品受取(QRコードによる開錠及び受取)

今回の実証では自動宅配ロボットを活用した独自の配送インフラ構築に向けて、公道走行性や配送コスト、配達時間、注文フォームの簡便性などの技術的・ビジネス的課題の抽出に取り組み、2022年を目途に最適なシステム・ビジネス等の設計・構築を行い、安心・安全・低コストなデリバリーインフラの提供を目指す。また、ENEOSの既存サービスとデリバリーサービスの融合に関する検討や自動宅配ロボットを活用した様々なサービスの検討を行っていく。

各社の役割分担

ZMP 宅配ロボット「デリロ」システムの提供、その他ロボット運用の支援等
エニキャリ 注文・宅配プラットフォームの構築
東新エナジー ロボットの充電・デリバリー拠点の提供
飲食店・小売店舗 出店、商品の販売等
ENEOS 宅配ロボット「デリロ」の保有・保管・運用及び注文・宅配プラットフォームの運営

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム