カインズの物流センターでMUJINのデパレタイズロボットが稼働 積載高さ2.3メートルの荷下ろしを自動化

株式会社MUJINはオークラ輸送機株式会社とともに、株式会社カインズの物流センターにて高積み対応のマスターレス混載デパレタイズロボットを稼働させたことを発表した。

カインズは全国に225店舗(2020年12月末現在)を展開し、国内でもトップクラスの売上規模を誇るホームセンターチェーンの経営を行っている企業。トラック輸送時の積載効率を上げるためには、高く積載し、運搬することが有効。一方、高積みの荷物の積み下ろしは、人手で実施する場合には、高難易度・高負荷な作業となるため、ロボットによる自動化に踏み切った。



【デパレタイズロボットソリューションの特徴】

・高積み対応
積み高2.3メートルまでの、高積み荷下ろしを実行

・マスターレス
事前のケース登録を必要とせず、混載状態のパレットからの荷下ろしを実行

・最高速度調整
ワークのサイズ・重さを自動判別し、最適な速度で安定的な荷下ろしを実行

・高難易度ケース対応
一般的に認識が難しいとされている無地かつ透明テープが貼られたケース品も対応


高積みの荷下ろしを実現した技術

高積みの荷下ろしの自動化実現には、MUJINの以下2つの技術が寄与している。

1.超広範囲視野の3D認識技術
ロボットは上部に配置された3Dビジョンから積荷の状態を認識し、その情報を元に積み下ろしを行う。高積みの場合には高所に3Dビジョンを設置する必要があり、最下部の荷物を認識するためには、3Dビジョンから離れた深い部分まで認識を行う必要が出てくる。今回MUJIN3Dビジョンの高機能化により、高さ2.3メートルの積荷の認識が可能となった。

2.ロボット可動域を最大限利用する動作制御技術
高積みの場合、その分ロボットの動作範囲が広くなる。一方、動作範囲に合わせて大型のロボットを導入すると、貴重な入荷バーススペースを広く占領してしまう。MUJINの高性能なロボット制御技術により、可動域いっぱいまでロボットを適切に動作させ、より小型なロボットを選定しつつ、対応範囲をカバーすることに成功した。

【稼働の様子】

関連記事
MUJIN関連記事

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム