ロボットスタート 事業拡大のため総額1.6億円の資金調達を実施 メディア音声化のニーズ拡大、150以上のメディアの音声化を支援

ロボットスタート株式会社は第三者割当増資および、銀行融資により総額1億6千万円の資金調達を実施したことを発表した。
第三者割当増資の引受先は独立系ベンチャーキャピタルのK&Pパートナーズ株式会社が運営する投資組合、ネイティブ広告プラットフォーム「LOGLY lift」を運営するログリー株式会社の戦略投資子会社であるログリー・インベストメント株式会社など。また、今回の増資とあわせて株式会社日本政策金融公庫からの資本性ローンの融資も実施。累積資金調達額は約3億4千万円となった。


今回の増資について

メディア音声化のニーズ拡大と音声広告市場の成長に向けて、自社サービス「Audiostart」の開発体制のさらなる強化、営業体制の増強が必要となってきた。今回の第三者割当増資で調達した資金を用いて、スタッフの増員、システム開発などを行い、経営基盤強化を行っていく。また今後、さらに成長ステージに合わせて資金調達を随時行っていく。

Audiostartはロボットスタートによるメディア向け無料音声化サービス、および音声広告配信ネットワークサービス。2018年7月23日に博報堂DYメディアパートナーズ、イードとともに音声コンテンツ内への広告配信の実証実験を開始し、2019年7月3日に正式サービスとしてスタートした。



対応するプラットフォームは現在Amazon Alexa、Google Home、Apple Podcast、Google Podcastsで、メディア運営者はAudiostartを利用することにより、無料でこれらのプラットフォームへの音声配信が可能となる。

Audiostartのメリット
●メディア運営者
あらゆる記事を無料かつ自動で音声化してマルチプラットフォームへ配信。
さらに音声広告配信ネットワークで音声メディアのマネタイズを支援する。

●広告主・広告代理店
厳選された音声メディアに対して音声広告を配信可能。

●一般ユーザー
いままで音声で聞くことができなかったメディアを音声で楽しむことができる。
広告モデルにより無料で様々な音声コンテンツを利用できる。

「Audiostart」サービスサイト
https://audiostart.jp/

「Audiostart」は2021年3月現在、150以上のメディアの音声化を支援している。ロボットスタートは今後あらゆる音声プラットフォームに向けて音声広告を配信できるよう、開発を進めていくとしている。

ロボットスタート株式会社について
2014年12月創業。スマートスピーカー、音声アシスタント、コミュニケーションロボット、サービスロボット、AI、IoTなど最先端領域にフォーカス。音声広告配信を中心としたプラットフォーム事業・メディア事業・コンサルティング事業を通じて、業界の発展に貢献していく


引受先概要

●K&P パートナーズ株式会社

設立日 2013年5月20日
資本金 67,000,000円(資本準備金を含む)
代表取締役 松村伸也 氏
住所 〒101-0047 東京都千代田区内神田一丁目2番1号 ダコタハウス9階
サイト http://www.kppartners.jp/

●ログリー・インベストメント株式会社

設立日 2019年12月2日
資本金 10,000,000円
代表取締役社長 岸本雅久 氏
住 所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂一丁目16番3号 渋谷センタープレイス 2F
サイト https://logly-investment.co.jp/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム