大友克洋「AKIRA」の音「不朽のアニメ映画を彩る未知のサウンド」を読み解く新展示を公開 日本科学未来館

日本科学未来館(館長:毛利衛氏)は、2021年3月29日(月)から、常設展3階「未来をつくる」のギャラリー、零壱庵(ゼロイチアン)の新展示「『AKIRA』の音 不朽のアニメ映画を彩る未知のサウンド」を公開することを発表した。映画「AKIRA」の音楽は、作曲家独自の制作手法とフィールドワークで収集した世界の民族音楽手法をもとに生まれ、「AKIRA」ならではの世界観を支えている、として、この展示では、その制作背景を展示映像で読み解き、高解像度の音体験を提供する。

日本科学未来館はリリースを通じて「1988年公開の映画「AKIRA」は、大友克洋氏による漫画が原作のアニメーション作品。その舞台となる 2019 年の混沌としたネオ東京は、現在の東京と重なる部分があります。そして緻密な筆致による画風は、その後の漫画やアニメ作品に多大な影響を与えました。また、山城祥二氏(芸能山城組主宰)作曲のサウンドトラックは海外で近年再発売されるほど人気です」とコメント。

「AKIRA」の音楽を制作した山城氏は、自然科学者としてホモサピエンスのとるべきライフスタイルとは何かを探る研究を行いながら、音楽の専門教育を受けないまま芸能山城組を創立して音楽活動をしていた。

その活動の中で大友監督からの依頼を断り切れず、映画音楽を勉強しながら制作することになったという。この映画音楽の制作のためサウンドモジュールという方式を考案し、世界中のさまざまなコミュニティを巡るフィールドワークで実際に体験した音(声や民族楽器など)を使い、既存の映画音楽とは異なる作品が成立した。
作曲家という立ち位置だけでなく研究者の視点ももつという、いままでにない観点による音楽制作の背景を展示で読み解く。

展示内では、映像制作・堀田英仁氏、アートディレクション、デザイン・安田昂弘氏の指揮のもと、3 面にプロジェクターで投影する映像によって制作背景を紹介。山城氏自身が設計した可聴域以上をも再生可能な 6台のスピーカーによるサラウンドの音を体で感じ、高解像度の音体験ができる。

[山城祥二氏]
科学者/作曲家。1933 年、栃木県生まれ。東北大学農学部農芸化学科卒業。文部省放送教育開発センター教授等を経て、公益財団法人国際科学振興財団情報環境研究所所長。文明科学研究所所長。

[堀田英仁氏]
映像作家。1988 年生まれ、東京出身。明治大学卒。作る作品は、ドキュメンタリー、MV、CM など。

[安田昂弘氏]
アートディレクター/グラフィックデザイナー。クリエイティブアソシエーション「CEKAI」所属。
※零壱庵は、アート作品を通して、科学技術とともに変わり続ける人の認識や社会について考えるギャラリー。


【展示概要】
タイトル: 零壱庵 「『AKIRA』の音 不朽のアニメ映画を彩る未知のサウンド」
公開日: 2021年 3月 29日(月)
展示エリア: 日本科学未来館 3 階 常設展示ゾーン「未来をつくる」
開館時間: 10:00~17:00 (入館券の購入は閉館時間の 30 分前まで)
入館料: 大人 630 円、18 歳以下 210 円 ※オンラインによる事前予約が必要です
総合監修: 伊東順二(東京藝術大学 COI 拠点 特任教授)
特別協力: 芸能山城組(山城祥二、仁科エミ)
企画制作: 日本科学未来館
URL: https://www.miraikan.jst.go.jp/
(敬称略)

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム