ホンダが技術ライセンスのWebサイトを公開 ロボットの聴覚や対話技術など独自テクノロジーの社外活用を加速

本田技研工業(Honda)は、技術ライセンスの窓口となる「テクノロジー活用」Webサイトを本日公開した。「技術は人のために」という想いの下、Hondaの持つ技術をさまざまな業種・領域で活用したり、「生活の可能性が拡がる」新たな商品・サービス開発を後押しするため。

同社は二輪・四輪・ライフクリエーション・航空機と幅広く事業を展開し、商品やサービスの開発だけでなく、将来に向けてさまざまな分野で研究を行っている。こうした活動の中で生まれた技術・ノウハウは、特許としてHondaが保有しており、その件数はグローバルで5万件を超えているという。
自動車などの製品に用いられる技術は、強度や耐久性など求められる過酷な条件をクリアしており、Honda製品以外にも、さまざまな製品への適用が可能だとしている。


同社はこれまでも技術のライセンス活動を行ってきた。例えば「N-BOX」のシートに使われている抗ウイルス・抗アレル物質布地「アレルクリーンプラス」はオフィス家具メーカーにオフィスチェアのクロスとして採用され、「LEGEND」に使われていた夜間歩行者認識技術は、株式会社スワローインキュベートでAPI・SDK化したものが、半導体メーカーで利用されている。
また株式会社ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパンが開発したマルチドメイン対話システムフレームワーク「HRiME」(エイチライム)は、株式会社Nextremer(ネクストリーマー)のリモート接客システム「Remosis」(リモシス)に使われているなど、異業種での技術活用も広がっている。

今回、さらに幅広くさまざまな業種・領域でHondaの技術を活用できるようにするため、技術活用の窓口となるWebサイトを公開した。このWebサイトには、ライセンス可能な技術が掲載されており、問い合わせフォームから、ライセンス契約の相談も可能だ。




ライセンス対象技術の例


人が入れない場所に車を停める 無人車両搬送ロボット

車両の車輪を持ち上げて搬送を行うロボット。車両、施設自体が無人車両を移動させる機能を備えていない場合でも、無人の車両を移動させることができる
活用イメージ
駐車施設内での自動駐車・出庫(オートバレーパーキング)、非接触充電方式のEVの計画充電、展示場での移動展示など



ロボット聴覚 HARK(ハーク)

複数音源を聞き分けることができる「ロボット聴覚」技術
活用イメージ
災害救助、受付ロボット、環境アセスメント(鳥類の生息確認)、その他音声認識機能を有する製品、サービスなど




マルチドメイン対話システムフレームワーク「HRiME」

単純な質疑応答(一つの問いに対して一つの答えを返す)ではなく、対話(複数回のやり取り)を行う自然言語処理技術
活用イメージ
ユーザー対応チャットボット、公共施設/交通機関の案内ロボット、その他ヒトと対話することを機能とする製品やサービス





その他の技術例

抗ウイルス・抗アレル物質布地「アレルクリーンプラス」
撥水・撥油性の布地「ファブテクト」
電機・水ポンプのエンジン排熱を利用した 蒸留水生成装置
耐食性に優れた防錆皮膜「HyD(ハイディー)コート」
高強度耐熱マグネシウム合金
ハイサイクル・外観性向上を叶えた 着色メタリック樹脂
接合技術 摩擦撹拌接合(FSW)


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム