欧州でFIAT 500ファミリーの「Hey Google」仕様が登場!

2021年3月31日、FIATがGoogleアシスタントをモチーフにしたFIAT 500の特別仕様車「FIAT 500 Family Hey Google」を発表した。

Hey Google仕様は、FIAT 500、500X、500Lの3モデルに用意される。

名前の通りGoogleアシスタントが車載され、道案内や天気予報など、日常の便利な情報を簡単に音声指示で聞くことができる。

FIATのMopar ConnectサービスもGoogleアシスタントと統合されており、自宅にいても燃料レベルを確認したり、車がロックされているかを確認したり、最寄りのFIATのサービスステーションを探したり、エマージェンシーライトを点灯させたりすることもできる。

Hey Google仕様は、外装も特別な仕上げtなっている。最も目を引くのはBピラー部分にGoogleアシスタントのモチーフが施されている点だ。

さらにフェンダーには「Hey Google」と書かれたバッジが取り付けられる。

内装もシートバックにBピラーのデザインと同じGoogleアシスタントのモチーフがプリントされている。シートサイドのタグにもさりげなく「Hey Google」と書かれており細かいこだわりを感じる仕上がりだ。

オーナー向けにGoogle Nest Habu、Googleバッグ、Google Nest Hub用の専用フーレム、ウエルカムレター、専用キーカバーなどが含まれるウェルカムキットも用意される。


Fiat 500 Family Hey Google仕様は、イタリア、イギリス、フランス、スペイン、ドイツ、オーストリア、スイス、ベルギー、オランダ、ポーランドなど、欧州10カ国で近日発売予定となっている。現時点では、日本での発売は現時点では不明だ。


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム