双日、マセラティと販売事業で連携 xRなどデジタル技術を活用した次世代販売形態を共同開発

国内大手総合商社である双日株式会社は、イタリアの自動車メーカーMaserati(マセラティ)の日本法人であるマセラティ ジャパン株式会社とともに、日本国内におけるマセラティ車販売事業に関する覚書を締結したことを2021年5月20日に発表した。

今回の覚書は、両社間で様々な場面におけるパートナーシップの可能性を追求するためのものであり、特に、仮想世界と現実世界を融合して新たな体験価値を作り出すXR技術や、その他のデジタル技術を活用し、マセラティ車の新たな販売方法やビジネスモデルを共同で検討・開発することが目的となっている。
(冒頭の画像:新型スポーツカー「MC20」)



次世代型車販形態の共同開発における相乗効果

近年のデジタル技術の進歩と市場動向の変化により、自動車業界においても販売形態や仕組みが大きく変化している。このような環境変化に対応すべく、両社は共同でデジタル技術を活用した次世代型車両販売を実現すべく、今回の協力体制構築に至った。
同社は、自動車関連分野において、ラグジュアリーカーやプレミアムカーの販売事業を推進、拡大するとともに、IoTやAIなどの先進デジタル技術を取り入れた機能強化に取り組んでいる。これらの知見やノウハウと、マセラティのイタリアブランドならではの個性を掛け合わせることで、両社は、日本国内の自動車業界に新たな風を吹かすとともに、みなさまの豊かな暮らしへの貢献と持続的な成長を目指すとしている。

2021年6月導入予定の「ギブリ ハイブリッド」



マセラティについて

マセラティは、並外れた個性で全車種において一目で認識される唯一無二の車を生産している。そのスタイル、テクノロジー、そして、もって生まれた高級感により、常に世界の自動車業界のベンチマークとなってきた。現在70か国以上の市場で販売されており、現在のラインアップは、旗艦車のクアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、SUVレヴァンテであり、すべてのモデルに最高品質素材を使用し、卓越した技術を兼ね備えていることが特徴だ。
V6とV8のガソリンエンジン、4気筒のハイブリッドエンジンを搭載し、後輪駆動と4輪駆動を備える充実したラインアップだ。パワフルな580ps V8エンジンを搭載した、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで構成されるトロフェオコレクションは、性能面においてトライデントブランドのDNAをさらに体現。最高級のスーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとして初めてF1由来のテクノロジーを採用している。

左から:Ghibli、Levante、Levante、MC20

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム