ugo社が「Visual SLAM」を開発するKudanとパートナーシップ協定を締結 高度な自動走行を「ugo Platform」に搭載し、共同展開

アバターロボットの開発を手掛けるugo株式会社はKudan株式会社とパートナーシップ協定を締結したことを発表した。提携により、多様且つ複雑な環境においても『ugo』(ユーゴ)で高度な自動走行が可能となることで、オフィスビルのみならず、商業施設、物流倉庫、工場、公共施設等といったあらゆる空間、または、頻繁なレイアウト変更や人が行き交う混雑した場所で事業を営む業種に対してロボティクスソリューションを共同で展開していく。


Kudanが開発する「Visual SLAM」をugoに実装

Kudanはグループ会社のArtisenseとともに「Visual SLAM」「3D-Lidar SLAM」といった技術を開発・提供し、AR/VR分野に加え自動運転や先進運転支援システム(ADAS)、ドローン、産業用ロボットやパーソナルロボット分野向けに技術提供している。SLAMとは三次元の空間認識をするソフトウェア技術で、カメラの画像などのセンサデータを基にして、リアルタイムで周囲の環境地図の作成と自己位置推定を行う。三次元で物体・空間を認識出来るようになると、ロボット本体が「機械の眼」を持てるようになり、高精度でロバストな自動走行が可能となる。

今回の連携でugo PlatformにKudan Visual SLAMを実装することにより、複雑で変化に富んだ環境下においても、『ugo』が三次元で物体と空間を認識できるようになり、高精度でロバストな自動走行が実現可能となる。


ugoとKudanは共同で高度な自動走行ロボットのニーズが高い業種を中心に積極的にロボティクスソリューションを展開し、各現場での人的な作業負担の軽減と作業効率化をサポートしていくと同時に、自動走行精度のさらなる向上を図るため、技術革新を引き続き進めていくとしている。


Kudan株式会社 執行役員 日本事業開発担当 千葉 悟史 氏からのコメント

Kudanは自動運転やロボットの自律走行に不可欠な自己位置推定技術「SLAM技術」を提供しております。直近では自律走行可能なロボットが世に出始めておりますが、この自己位置推定に課題があり、導入できる環境が限られているというのが現状です。弊社のSLAM技術はその課題を克服し、性能向上に寄与しながら、ロボットにおけるより広い社会実装を加速させます。

しかし、ロボットの社会実装には要素技術だけでは不十分で、経路探索等の周辺技術、ハードウェア、ユーザにフレンドリーな運用システムといったトータルパッケージが不可欠です。ugo様の持つugo Platformはこれらの社会実装に必要な要素を兼ね備えています。今回のパートナーシップ協定を通じて、私達のSLAM技術をエンドユーザ様にお届けできることを期待しているほか、ugo様とともに真なるロボット社会の実現に向けて邁進してまいります。

ugo株式会社 代表取締役CEO 松井 健氏からのコメント

ugoはあらゆる社会インフラサービスで直面している深刻な人手不足の問題を、サステナブルなサービスオペレーションに変え解決することを目指しています。Kudan様とは既に共同プロジェクトを通じて技術を評価しており、ugoのようなロボットがフィールドで活躍する上で必要不可欠な技術であると確信しました。今回のパートナーシップ協定により、Kudan様のもつ高精度でロバストなSLAM技術とugo Platformが連携することで、DX化や自動化ニーズが急増している市場環境において、従来私達がアプローチしていなかった業種に対しても、サービスロボットを活用したソリューション提供が可能になると考えております。このパートナーシップを通じて、サステナブルなワークスタイルを実現するugoの導入を加速させてまいります。


次世代型アバターロボット「ugo」(ユーゴー)とは

ugoは2本のアームと高さ調整により遠隔で様々な業務を行うことができるアバターロボット。AIによる学習機能で同じ稼働条件下であれば自動モードも可能。従来の単純なアバターロボットと完全自動化ロボット双方の利点を併せ持つ次世代型ハイブリッドアバターロボット。2021年より警備ソリューションとして商用化を開始。警備立哨や巡回など、施設警備における基本業務を警備員から警備ロボットに代替することで、コスト削減や、人と人との接触機会を減らし感染症などへの感染リスクを低減する。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム