エッジAIの導入と管理が手軽にできる「NVIDIA Fleet Command」提供開始 小売、ヘルスケア、物流分野などが導入

NVIDIAは2021年6月22日(米国 カリフォルニア州現地時間) 、マネージドエッジAI サービス プラットフォーム「NVIDIA Fleet Command」の一般提供を開始することを発表した。

「NVIDIA Fleet Command」とは、各種デバイスやロボット、IoTセンサーといったエッジ環境を運営・管理し、AIを手軽に導入するなど、企業のIT導入の負担を軽減することに特化して設計されたプラットフォーム。エッジコンピューティングのリアルタイム処理能力はそのままに、AIアプリケーションを安全に導入し、管理できる。具体的には、このプラットフォームをインストールしてから数分以内に、管理者はアプリケーションの追加または削除、システムソフトウェアのOTA(Over-the-Air)での更新、および遠く離れた場所にあるデバイスの状態を監視することができるようになる。ディープラーニングを扱う際に必要となるAIアルゴリズム開発の専門的スキルは必要ない。また、IoT環境で懸念されるセキュリティ機能も予め用意されている。

これにより、企業は数千もの拠点で、アクセラレーテッド コンピューティングのための NVIDIA 認定システムである「NVIDIA-Certified Systems」に AIアプリケーションを安全に展開し、遠隔から統合管理するようになる。

同社のエンタープライズ コンピューティング を統括するマヌバー ダス(Manuvir Das)氏 は次のように述べている。

NVIDIA マヌバー ダス(Manuvir Das)氏

スマート ファクトリー、インテリジェント リテール、スマート シティなど、IoT時代に向けて企業が直面する最も複雑な問題の 1 つが、エッジで AI アプリケーションを展開、管理する能力です。NVIDIA Fleet Command はビジネス全体の効率性を高め、これまでにないスピードでエッジ AI を拡張することができます。




NVIDIA Fleet Commandの特徴

「NVIDIA Fleet Command」プラットフォームの特徴は、管理の簡単さや、導入の安全性、自己回復力のある環境を構築することにより、精度とスピードの向上を望める点にある。なお、Fleet Command ハイブリッドクラウド マネージド サービスは、NVIDIA-Certified Systemsを使用したエッジ AI の展開に合わせて、NVIDIA から提供される。なお、同ソリューションをいち早く採用したのは、小売、ヘルスケア、ロジスティクス分野における世界の大手企業や、それら企業と連携するソフトウェア専門企業だとしている。


作成から展開までエンドツーエンドで

Fleet Commandは、エンドツーエンドのセキュリティ機能が組み込まれており、アプリケーションとセンサーのデータが常に保護される。NVIDIAがサブスクリプションで提供している AI の展開および管理ツールは、企業がAIプロジェクトをプロトタイプから本番環境に迅速に移行できるクラウドホスト型の開発ハブである NVIDIA Base Commandと組み合わせることが可能なため、プラットフォームを組み合わせることで、企業はエッジAIや産業用AIのアイデアを素早く着想し、迅速に展開や管理を行うことができる。


NVIDIA認証

NVIDIA AmpereアーキテクチャGPUとNVIDIAネットワーキングは、NVIDIA-Certified Systemsにより、主要なNVIDIAパートナーのサーバーに統合。 NVIDIAから認証を受けたシステムは、エッジ AI ワークロードに優れたパフォーマンスを提供するように構成されており、Fleet Command 向けに最適化されている。




Fleet Commandの活用について

世界の小売ロジスティクス企業トップ10に名を連ね、世界に700を超える配送センターを持つ Bollore Logistics は、AI ンテリジェンスを活用して配送センターでの注文処理の精度とスピードを向上させる取り組みを進めている。同社は、NVIDIA のパートナーであるDematicと Osaroによるソリューションを実装して、Fleet Commandを活用して数百の拠点に AI アプリケーションを展開、管理できるようにしている。また、Fleet Command をアーリー アクセスで使用するパートナーのうちの 1 社である、AI コンサルタント会社 Data Monsters は、世界最大級の飲料会社と連携して、多くの製造施設にソフトウェアを展開および管理している。また、コンピューター ビジョンによって消費者向け缶製品のへこみや傷を検知し、問題発生時には従業員に通知する仕組みも構築済だ。Data Monsters で産業用 AI の責任者を務めるジャーマン スヴォーロフ(German Suvorov)氏は次のように述べている。

Data Monsters ジャーマン スヴォーロフ(German Suvorov)氏

Fleet Command は、ハードウェア リソースのプロビジョニング、展開の自動化や監視など、コンピューティング リソースのセキュアな展開と管理を大規模に行うために統一されたアプローチを提供してくれます。また、アプリケーション コンテナと DNN モデル用の単一のグローバルかつプライベートなレジストリである NVIDIA GPU Cloud と統合されています。このような機能はすべて、世界中の製造拠点のネットワーク上にあるエッジ AI アプリケーションのシームレスな拡張を可能にします。



▼【エッジのセキュリティと SaaS の使いやすさを組み合わせる】

ワンタッチ プロビジョニングで Fleet Command と NVIDIA EGXサーバーが簡単にペアリング。ペアリング後のFleet Commandでは、インフラストラクチャ全体に AI アプリケーションを数分で安全に導入、管理、拡張可能。ソフトウェア スタックに回復力があるという意味は、アプリケーションが中断されたとき、サーバーが自己回復するということだ。詳細な監視ダッシュボードでは、アプリケーションとハードウェアの状態が継続的に分析される。
マネージド エッジ AI サービス プラットフォームNVIDIA Fleet Command:
https://www.nvidia.com/ja-jp/data-center/products/fleet-command/
NVIDIA-Certified Systemst:
https://www.nvidia.com/ja-jp/data-center/products/certified-systems/
関連サイト
NVIDIA

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム