「感情認識パーソナルロボット『Pepper』の一般発売に関する記者発表会」参加レポート

6/18、Pepper一般販売記者発表会に行ってきましたのでレポートします。

会場は舞浜アンフィシアターです。

なんて立派な施設!

記者発表会はこちら!テンション上がりますね〜!知り合いのデベロッパーの皆様も大集合です。

会場前についたもののすでにプレス関係者の行列が。

受付は一般、プレス、社外関係者、特別招待者などにこまかく分かれていました。

会場に入りましたっステージ近いよ〜!

会場は熱気むんむんです!

ステージ中央からPepperが登場!

ステージの演出もすごい!

そして孫さん登場!

今回の発表は、さらなる進化として、、、、

Pepperが感情を持つようになったとのこと!いままでは感情認識ですから、次元が違いますね!

これがPepperの感情マップ。すごいです。これが周りの状況に応じてリアルタイムに変化していきます。

周囲との関わり方で感情が変化していくとのこと。

人間の感情の変化をうまくロボットに実装した感じですね。すごいなぁ。

もう、完全に家族で育てるロボットですね。

そして、この一般販売は、6/20より開始!6月分は1,000台とのこと。価格は19.8万円です。

またビジネス用のPepper for Bizも発表されました。

また7/1より10台のペッパーがアルバイトを時給1,500円で行うそうです。

孫社長がロボットに愛情がなぜ必要かを説明します。

家族になるために必要なのが、力強さでもなく、感情なのだということでした。

新たに公開されたイメージ映像も素晴らしいものでした。

ソフトバンクの考えるロボットのビジョンは「愛を持ったロボット」。

ですね!

ということで孫社長のプレゼンテーションが終了しました。

第二部は芸能人の方々がステージに登場。

家庭届くとこんな感じ〜。箱から出したら、マニュアル読まずにPepperがいろいろ説明してくれるみたいです。

撮影した思い出の写真!よく撮れてますね。

続いて孫社長から新たな発表。Pepperが世界進出!

アリババ、ソフトバンク、フォックスコン!

ソフトバンクロボティクスホールディングにそれぞれ出資した合弁会社が発表されました。

フォックスコン会長からご挨拶。

続いてアリババ会長からご挨拶。

Pepperが世界的なロボットになるなんて胸熱ですね!

3社ががっちり握手!

以上、会場よりレポートでした。

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。