トヨタがPreferred Networksへの10億円の出資を発表。優れたAI技術を有する企業との関係強化へ

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、社長:豊田 章男、以下、トヨタ)と株式会社Preferred Networks(本社:東京都文京区、社長:西川 徹、以下、PFN)は、主にモビリティ事業分野におけるAI(人工知能)技術の共同研究・開発を進めることを目指し、トヨタがPFNに出資することで合意したことを発表しました。出資金額は10億円で、トヨタは、2015年12月30日付で、PFNが第三者割当増資により発行する株式を引き受ける。

トヨタは、自動運転をはじめとした、次世代のモビリティ社会の実現に向けた技術の研究開発に取り組んでおり、特に①運転知能(Driving Intelligence)、②つながる(Connected Intelligence)、③人とクルマの協調(Interactive Intelligence)の3つの領域に力を入れている。PFNが強みとする、機械学習やディープラーニングをはじめとしたAI分野での独自の高い技術力を活かして、次世代のモビリティ社会の実現はもとより、誰もが安心して安全・自由に暮らすことができる社会の実現を目指した新たな技術・商品・サービスの企画・開発を進めたいと考えている。

PFNは、最先端の機械学習、ディープラーニングの技術を、産業界に応用・展開することを通じ、より良い社会の実現を目指しており、モビリティ事業分野においては、今回の出資を通じてトヨタとの連携を強化することを狙いとしている。

なお、トヨタは、2016年1月、米国で開催されるCESにおいて、PFNの技術を自動車に応用する可能性のコンセプトの一つとして、「ぶつからない」ことを学習する「分散機械学習のデモンストレーション」を実施する予定であることも明かしている。


ABOUT THE AUTHOR / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長・ロボットスタート株式会社取締役。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。

PR

連載・コラム